滋賀日吉大社のアクセスと駐車場は?見どころとご利益も紹介!神猿を探して歩こう

滋賀県大津市坂本にある日吉大社の西本宮の拝殿滋賀県

滋賀県大津市坂本町にある日吉大社は、あっちこっちにお猿さんがいる神社。全国各地に3,800以上ある日吉・日枝・山王神社の総本宮で、2,100年ほど前に創祀されました。

本物のお猿さんも飼われていて、お守りや絵馬もお猿さんです。境内の猿神(まさる)さんを見つけながら、散策してみましょう。

この記事では、日吉大社へのアクセスと駐車場、見どころ、ご利益についてご紹介します。

自然がいっぱいの境内は、マイナスイオンいっぱいのパワースポット。水の力も借りて、体の中から浄化してもらいましょう~。

スポンサーリンク

日吉大社のアクセスは?

滋賀県大津市坂本にある日吉大社の宇佐宮

日吉大社へ電車・バスでの行き方

京都駅または山科駅からJR湖西線「比叡山坂本駅」で下車します。江若交通バス31系統(比叡山坂本駅行)バスで「日吉大社前」へ向かいます。(1時間に1本間隔です。)

※2021年2月7日7までは坂本地域周遊バス(運行日カレンダーあり)38系統が臨時運行されています。運行日カレンダーはこちら

日吉大社前バス停から赤鳥居をくぐっていくと、「西受付所」があります。そちらで拝観料を支払います。

「比叡山坂本駅」から西へ650mほど歩くと、京阪電車の「坂本比叡山口駅」があり、道を挟んだ反対側に「坂本観光案内所」があります。

そちらにレンタサイクルがあるので、自転車を借りていくのもおすすめです。

坂本観光案内所
住所:大津市坂本6-1-13
電話番号:077-578-6565
営業時間:9:00~17:00 年末年始はお休み
レンタサイクル:電動アシスト付き自転車 1時間250円 1日1,000円
※予約可

日吉大社へ車で行く・駐車場は?

車で行く場合は、県道316号を西に向かっていき、旧竹林院の駐車場手前の道を右折します。右側に「日吉大社(車両入口)」の看板が出ています。(右手に赤鳥居が見えたら行き過ぎです。)

突き当りを左折して、二宮橋の横にある車用の橋を渡ると「東受付所」があります。

そちらで料金(駐車場代ではなく、拝観料)を支払うと、駐車場の場所を教えてもらえます。(無料駐車場は何か所かに分かれて、50台分ほどあります。)

満車の場合は、近くに大宮川観光駐車場(無料)があります。

日吉大社の見どころは?

山王鳥居と本物の猿

滋賀県大津市坂本にある日吉大社の山王鳥居

日吉大社にある山王鳥居は、鳥居の上に三角形の屋根がのっかった独特な形をしています。仏教と神道が一緒になった神仏習合の鳥居で、手と手を合わせて合掌してる形から合掌鳥居とも言われています。

日吉大社は、788年に比叡山延暦寺が建立されたときに、比叡山の地主神を祀る守護社となり、794年に平安京遷都のときには、京の魔除け、災難除けを祈る神社として崇敬されるようになりました。

延暦寺が勢力を大きくしていく中で日吉社と一体化していき、どんどん大きくなっていきましたが、1571年の信長の比叡山焼き討ちの時に、日吉社もすべて燃えてしまいました。

信長の死後、秀吉は日吉神社で母親が祈願して生まれた(幼名は日吉丸)ことから、日吉社の復興に尽力しました。その後、1868年に神仏分離令で延暦寺から独立、「日吉大社」となりました。

山王鳥居の手前の参道脇に「猿塚」があり、盛土に石が出ています。6世紀後半の古墳の石塚のふたが露出していて、年老いた神猿が自分の死期が近づくと、猿塚に入っていくと伝えられています。

滋賀県大津市坂本にある日吉大社の神馬舎と神猿舎

山王鳥居をくぐって先に行くと、神馬舎神猿舎(まさるしゃ)があります。神馬舎には白馬の像が、神猿舎には本物の猿が飼われています。室町時代からずっと境内で飼われているそうです。

江戸時代初期に、天皇が疱瘡にかかると神猿も疱瘡になって、天皇の身代わりになって死んだ、という話も伝わっています。日吉大社の神猿さんの不思議な力の伝説は、いろいろ残っているそうです。

猿は神様のお使いで、「魔が去る」「何よりも勝る」とずっと大切にされてきたんですね。

山王鳥居を通り過ぎてまっすぐ行くと、西本宮があります。

スポンサーリンク

屋根を支えるサルがいる西本宮

滋賀県大津市坂本にある日吉大社の西本宮の楼門

西本宮楼門の軒下の四隅には、それぞれ違ったポーズのお猿さん(棟持猿)が屋根を支えています。

蟇股(かえるまた)と呼ばれる、正面の入り口の上には3匹の猿が松の上で遊んでいる彫刻が飾られています。

滋賀県大津市坂本にある日吉大社の西本宮本殿

西本宮本殿(国宝)は1586年再建、日吉造(ひえづくり)という日吉大社特有の屋根(中央と横にひさしがせり出ていて、側面の屋根は短くアンバランスな形)をしています。

日吉大社の中で、西本宮、東本宮、宇佐宮の3社が日吉造になっています。

本殿の床下に「下殿(げでん)」という部屋が作られていて、仏像や仏画を飾って、僧侶が仏事を行っていました。現在は仏像などはなく、特別祈祷を行う場所になっています。

木製の狛犬が、本殿を囲む回廊の上に座っています。「なぜ?」と思って聞いてきたら、本殿に向かって右側が獅子、左側が狛犬なんだそうです。

もともとは獅子も狛犬も本殿の内陣の中で神様をお守りしていたんですが、現在は本殿の前で本殿全体をお守りしてるんだとか。

現在、狛犬は石造りで、本殿前や境内入り口で守護の役目をしています。かつては木造だったので、屋根の下に置かれていたのかもしれませんね。

東本宮と猿の霊石

滋賀県大津市坂本にある日吉大社の東本宮の拝殿

西本宮本殿横の門から出て、東本宮へ向かいます。

途中右側に「神輿(みこし)収蔵庫」があり、桃山時代から江戸時代に作られた7基の神輿が展示されています。※収蔵庫は非公開のため、拝観希望は前日までに連絡が必要です。

収蔵庫の反対側には金大巌(こがねおおいわ)に向かう石階段があります。

八王子山頂(標高381m)にある金大巌には急斜面に2つのお社があり、その間に高さ10mほどの大きな岩が祀られています。日吉大社の始まりの場所とされていて、往復で1時間ほどかかります。

滋賀県大津市坂本にある日吉大社の東本宮の本殿

東本宮の楼門をくぐると、東本宮本殿(国宝)があります。建物は西本宮と同じ日吉造で下殿もありますが、東本宮の方が飾り金具がピカピカで、豪華な印象です。(平成25年に修復工事が行われたからでしょうか?)

朱色の欄干がとってもきれいです。獅子と狛犬さんも座っていらっしゃいます。

滋賀県大津市坂本にある日吉大社の東本宮の楼門と猿の霊石

東本宮の楼門から坂を下る途中に、猿がしゃがみこんでいるような形をした猿の霊石があります。来るものに縁を結び、去る者をお見送りしてくれています。

山王鳥居からスタートし、西本宮から東本宮にぐるっと周って、約30分くらいでした。境内のあちこちに水が流れていて、神域を訪れる人たちの身体を清めているそうです。

日吉大社のご利益は?

滋賀県大津市坂本にある日吉大社の境内を流れる水

日吉大社は西本宮と東本宮の2柱が主祭神で、5つの摂社(牛尾宮・樹下宮・三宮宮・宇佐宮・白山宮)から成っています。

ご利益は、方除け・厄除け・縁結び・家内安全・夫婦和合・商売繁盛などですが、日吉神社はもともと、天下泰平・五穀豊穣など国の安寧を祈願する神社でした。

お願い事をするときは、国の安寧(今なら「コロナ退散!」ですね)を願ってから、個人のお願いを祈願するようにしてくださいね。

日吉大社
住所:滋賀県大津市坂本町5-1-1
電話番号:077-578-0009
参拝時間:9:00~16:30
入苑協賛料:大人300円 小人150円

さいごに

日吉大社へのアクセスと駐車場、見どころ、ご利益についてお伝えしました。

日吉大社は3000本のもみじがあり、紅葉の名所としても有名です。見頃は毎年11月中旬~12月上旬だそうです。もみじの季節に散策も素敵ですよね。

人の嫌なところを「見ざる聞かざる言わざる」、そして悪い(醜い)心を持たない「思わざる」を忘れずに過ごしていきたいですね。

日吉大社に行ったら寄りたい!周辺の観光地の関連記事もありますので、ぜひご覧になってみてくださいね。
坂本町西教寺のアクセスと見どころは?禅明坊光秀館の麒麟がくる展も必見です
坂本城は明智光秀とともに消えた幻の居城!城跡に残る明智塚と聖衆来迎寺
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました