犬山城下町の観光スポットとインスタ映え抜群ランチや食べ歩きグルメ5選!

犬山城下町犬山城

犬山城のふもとにある犬山城下町は、江戸時代の町割りをそのまま残し、古い町屋やお屋敷が立ち並んでいます。通りには町家を改造したカフェなどのお店が約70軒連なっています。

食べ歩きグルメやかわいいお土産、着物レンタルや若手お笑い芸人の人力車などなど、散策するだけで楽しいスポットがいっぱい!

この記事では、犬山城下町の観光スポットと、インスタ映え抜群のランチ、食べ歩きグルメをご紹介します。

どれもおいしくて、かわいい写真も撮れちゃうので、あれもこれも手が出ちゃいますよ。おなかペコペコにしてお出かけくださいね。

スポンサーリンク

犬山城下町の観光スポットは?

城とまちミュージアムとからくり展示館

犬山城下町の城と町ミュージアムのジオラマ

犬山城の南側正面にまっすぐ伸びる本町通り、犬山城前広場近くに「城とまちミュージアム」(通りを挟んだ反対側に「からくり展示館」)があります。

犬山城主だった成瀬家所有の、武具や武器、絵画、工芸品、古文書などが寄付され、展示されています。

江戸時代の犬山城と城下町の巨大ジオラマは、当時の人々の暮らしや町割り(13町内)が、現在も残っていることを伝えています。

犬山城下町にあるからくり展示館のからくり人形

からくり展示館」は、祭礼に用いられる車山からくり人形と、高価な玩具としての座敷からくり人形を紹介しています。座敷からくりは、お茶を持って運んでくる人形が有名ですよね。

土日祝日には、からくり人形の実演や解説も行っています。

実際にひもを引っ張って、からくり人形を動かしてみることもできます。7本の糸と人形がつながっていて、めちゃめちゃ難しい! 

手足、頭を動かす紐をそれぞれ動かして、スムーズな動きをさせるのは至難の業、4本だけでもうまく動かせなくて、人形が変な格好になって焦ってしまいました。

入館料:一般100円 中学生以下無料
からくり展示館は、城とまちミュージアムの入館券で入場できます。
開館時間:9:00~17:00 (入館は16:30まで)

旧磯部家住宅

旧磯部家住宅」は江戸時代に建てられた木造家屋。呉服商を営んでいた商家で、国の登録有形文化財になっています。

間口は6.8mと、さほど大きくは見えないんですが、中に入ると奥行きが約58m(209坪)、主屋から奥に中庭、奥座敷、庭、土蔵、奥土蔵と続いています。

江戸時代の税金は間口の広さで決まっていたので、こういう形になったんだとか。

入り口入ってすぐは土間と板の間で、着物や反物が入っていただろう箪笥が並んでいます。その横に番台、仏間、お座敷と並んでいました。長い渡り廊下があり、裏座敷に続いています。

反対側には階段、台所、五右衛門風呂が並んでいます。奥にある漆喰の土蔵には何やらいろんなものが置かれています。もしかしたらお宝があるのかも?しれません。

昔の「松坂屋の商品券」が展示されていました。とっても大きくて、折り曲げないと長財布に入りきらないサイズです。松坂屋に問い合わせても、いつの時代のものかわからなかったそうです。

旧磯部家住宅
開館時間:9:00~17:00
休館日:12/29~12/31
入館無料 ※トイレ完備されています。
住所:犬山市大字犬山字東古券72

犬山城へのアクセスや駐車場についての記事はこちらにあります↓
犬山城や城下町のアクセスと周辺の駐車場 コインパーキングや予約できるとこもご紹介

インスタ映え抜群ランチと食べ歩き

コロコロかわいい!てまり寿司

愛知県犬山城下町「伊勢屋 砂落とし」のてまり寿司ハーフ

伊勢屋 砂おろし」は築200年以上の古民家を改装した、創作こんにゃく料理のお店です。人気があるのはこんにゃく米を使った「てまり寿司」です。

ハーフサイズならお好きなものを5つ選べます。えだまめ、たまご、えび、まぐろ、サーモン、こはだ、いくら・きゅうり、まぐろたたきなどなど、どれを選ぼうか悩んでしまいますよ~。

キレイに盛り付けられたてまり寿司は、食べるのがもったいないくらいです。醤油はスプレーの容器に入っていて、シュッとふりかけて食べるようになっています。

スポンサーリンク

きゅうりといくらの巻いたてまり寿司は、箸が滑りやすいので注意して食べてくださいね。(私は見事にひっくり返しちゃいました。)

こんにゃく米でヘルシー、だけど、普通の酢飯と違和感なくて、食べやすいです。ハーフサイズが用意されているし、撮影台もあって、インスタ映え間違いなし!です。

こんにゃくを使ったパスタやうどん、田楽などのメニューもあります。金沢から仕入れている金箔を1枚豪快にのせちゃった金箔ソフトも有名ですよ。

伊勢屋 砂おろし
住所:犬山市東古券58
電話番号:0568-61-5502
営業時間:10:00~16:00 
定休日:不定休

くらやの恋小町だんごは女子一番人気!

愛知県犬山城下町「くらや」の恋小町だんごのメニュー

昭和横丁の入り口入ってすぐ左側にある「茶処くらや」は、話題の「恋小町だんご」が販売されています。

見た目はとってもかわいいし、味の種類も豊富です。1串ごとにオーダーもできますが、1串の注文ではみんな同じ味になっちゃいます。2串とグリーンティがついた「ハイカラ小町セット」なら、いろんな味が楽しめます。

お団子は普通のお団子です。季節のあんは2種類選ぶことができます。注文した串が出てきたとたん、スマホで撮影を始める女の子たち…食べちゃうのがもったいないくらい、かわいいですよ!

昭和横丁の奥にある飲食スペース(昭和の時代を反映したものがいっぱい!)でいただくこともできますよ。色とりどりのかわいい串だんごは忘れずに食べてみてくださいね。

茶処くらや
住所:犬山市西古券60
電話番号:0568-65-6839
営業時間:11:00~17:00
定休日:火曜日・第3水曜日

壽俵屋(じゅひょうや) の醤油おこげ串

壽俵屋(じゅひょうや) 犬山井上邸」は、守口漬け、奈良漬けをはじめ、和風スイーツを販売していて、店舗奥では粕漬け魚のランチをいただくスペースもあります。

おすすめは奈良漬けと焼きおにぎりがささった「おこげ串」、丸くにぎったおにぎりに醤油を塗って、香ばしく焼き上げたおこげ串のいい匂いが、お店に広がっています。

通常は丸い焼きおにぎりなんですが、ハート形のおにぎりに当たったら、恋愛運が上昇するんだとか。

お漬物を味見することもできますよ。ごぼうのお漬物がおいしかったです。

壽俵屋(じゅひょうや) 犬山井上邸
住所:犬山市西古券15
電話番号:0568-62-2244
営業時間:10:00~17:00 年中無休

いつでも焼きたて!五平餅

犬山城下町のいつでも焼き立て山田五平餅

山田五平餅」の五平餅は、一口サイズの3つのお団子が串にささっていて、とっても食べやすいんです。ゴマ、くるみ、ピーナッツ、しょうゆ、砂糖が入った特製のタレで、味噌っぽいけど味噌は入っていないそうです。

外側はぱりっとしていて、中はアツアツもちもち、甘辛い味が何とも言えなくて、1本じゃ物足りないくらいです。無料のお茶サービスもあり、お店の前はいつもにぎわっています。

犬山城下町の山田五平餅店の屋根の上のえびす様

屋根にはだんごの書かれた軒丸瓦、角には神棚があって、えびす様?(五平餅の神様?)がお団子もって誘っています。こちらも必見ですよ!

山田五平餅店
住所:犬山市東古券776
電話番号:0587-61-0593
営業時間:11:00~17:00 
定休日:月曜日(祝日は営業)

本町茶寮の醤油玄米だんご

築100年の古民家を改装した和カフェ「本町茶寮」では、犬山名物の豆腐田楽と菜飯が食べられる田楽定食や、お抹茶をあんこに溶かしながら食べるぜんざいがあります。

店頭では「醤油玄米だんご」が大人気。素朴な醤油味なんだけど、外側がパリッとして、玄米とは思えない、中はもちっとした食感がたまらないんです。

夏には口に入れると一瞬で溶けてしまうくらい、フワフワかき氷がいただけますよ。

本町茶寮
住所:犬山市東古券673
電話番号:050-5885-0478
営業時間:11:00~17:00
定休日:木曜日

さいごに

犬山城下町の観光スポットと、インスタ映え抜群のランチ、食べ歩きグルメをお伝えしました。城下町では、いろんなものを少しずつ食べたいですよね。

春には桜と犬山まつり、夏はかき氷やパフェ、秋は紅葉、冬はお団子やぜんざいなど、季節ごとに楽しみが広がる犬山城下町。

犬山城下町には着物レンタル(着付け込)できるお店が4軒あります。レトロな街並みを着物で散策するのも、とっても素敵です。インスタ映えのグルメや街並みと一緒に写真を撮ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました