名古屋大須商店街の名物観光スポットおすすめはココ!大人もわくわくを楽しもう!

大須商店街の大須と書かれた提灯がある門大須商店街

名古屋の大須商店街は、年齢性別国籍問わず、いろんなものを受け入れて共存している、独特な成長をとげている商店街。 いつもたくさんの人でにぎわっています。

昔ながらの老舗店、パソコン関連のお店、トレンドファッションのお店にリサイクルショップ(古着屋さん)、食べ歩きのお店にサブカルショップ、いろんなお店が約1,300店舗立ち並ぶ、何でもありのごった煮タウン。

「大須商店街って若者が多い町だけど、大人だって楽しみたい!」と思うあなたに、おすすめの名物観光スポットをご紹介します。

この記事を読めば、中高年でも臆することなく、大須商店街を満喫することができますよ。ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

大須商店街の名物観光スポットは?

大須の招き猫とハイテクからくり人形

大須商店街のふれあい広場の招き猫

大須商店街のシンボルは、新天地通りと東仁王門通りが交差する、ふれあい広場の中央に立っている、高さ2.2mの巨大な招き猫。  

座って休憩できるベンチがあり、イベントや路上ライブなどが行われたり、待ち合わせの場所だったり…そんな人たちの行き交う姿を上から見つめる守り神のような存在です。

広場の四方にある5本の柱には、ご利益の招き猫レリーフが付いています。「健康運」「金運」「千客万来」「恋愛運」「ギャンブル運」(ギャンブル運だけ馬っぽいのはなぜ?)

触るとご利益があるそうなので、忘れずになでなでしてくださいね。

招き猫の下にあるのは、ハイテクからくり人形の「大須ボーイ、大須ガールのからくり」、大須周辺の3つ(万松寺・大須観音・三英傑) のからくり人形を紹介してくれます。

TVスクリーンに映像が映り、ハッピを着たかわいらしい男の子と女の子が、からくり人形のこと、大須周辺のイベントなどを紹介してくれますよ。

上映時間は、10:30、12:30、13:30、15:30、17:30です。

※毎週末には、ふれあい広場周辺に「大須案内人」のボランティアの方たちがいらっしゃるので、何かわからないことがあれば聞いてみてくださいね。

万松寺と信長のからくり人形

万松寺は信長の父が建てたお寺

万松寺の白龍

万松寺は「亀岳林萬松寺(きがくりんばんしょうじ)」、織田信長の父、織田信秀が織田家の菩提寺として建立したお寺です。

織田信長が父信秀の葬儀で、位牌に抹香を投げつけたのは有名な話ですが、その舞台が万松寺なんです。

徳川家康が6歳の時に人質として今川家に送られる途中、織田信秀に引き渡されて、9歳まで過ごしたお寺とも伝わっています。

2017年に建て替え工事が完了して、「白龍館」としてオープンしました。なんだか今までの境内とずいぶん変わって、今のピカピカ境内はちょっと入りにくくなっちゃった感があります。

境内には織田信秀公の墓碑があり、命日の3月3日には法要が行われています。

万松寺のからくり人形

梵鐘の音とともに扉が開いて、舞台がせり出てきます。第1場は中央に若き日の織田信長公、父織田信秀の葬儀で、焼香の抹香を位牌に投げつけた場面が、人形によって再現されます。

信長の足元から煙が舞い上がる、リアルなからくりですよ。

第2場は桶狭間の合戦に出陣前の信長が、清洲城で「下天の舞」を踊るのも見る事ができます。「人間50年、下天のうちをくらぶれば、夢幻の如くなり」

信長のからくり人形は、時間になると通り沿いの建物の上部から舞台がせり出してきます。上映時間は、10:00、12:00、14:00、16:00、18:00。※天候不順の時は中止です。

大須観音と宗春爛漫のからくり人形

大須観音の本殿

大須商店街の西の端にある大須観音は、日本3大観音の1つ。学問成就や厄除け、家内安全、商売繁盛などのご利益があります。

スポンサーリンク

大須観音の境内にあるのは、第7代尾張藩主・徳川宗春のからくり人形。歌舞伎や能の派手な衣装で歩いたり、第8代将軍徳川吉宗が質素倹約を奨励する時に、芝居小屋を許可する規制緩和政策をとったりして、名古屋の街を活性化させた人です。

明るい音楽とともにからくりが動き出し、白い牛にまたがった徳川宗春が現れ、大須の町を練り歩きます。

このからくりのすごいのは、コンピューター仕掛けの双方向からくり。宗春が観客に「唐子」か「浦島」どちらかの演目が見たいか尋ね、どちらかを答えると、答えた方の山車からくりが始まります。

その後に、花魁春日野が踊りを披露し、最後は宗春が金のしゃちほこがのった名古屋城の屋根の上で踊ってくれます。踊りの動きが繊細でびっくりしちゃいますよ。

からくり人形の上映時間は、11:00、13:00、15:00、17:00で、上映時間は各6分です。

三英傑のからくり人形時計

大須商店街から少し離れてしまいますが、若宮大通、名古屋高速高架下にあるからくり人形時計です。

「下天の舞」を踊りながら、扇を開いたり閉じたりする織田信長、若き木下藤吉郎は一瞬の面かぶりで年を取った豊臣秀吉に、征夷大将軍になった徳川家康は、束帯の衣装で登場します。

家康さんは座ったまま大きな動きはしないんですが、持っているしゃくをくるっくるっと、器用に表裏に回すので、目が離せませんよ。

からくり人形は、12:00、15:00、18:00、20:00に各5分行われます。※天候不順の時は中止です。

たんすのばぁば

大須商店街の東仁王門通りの角には「たんすのばぁば」と呼ばれる、タンスの守り神がひっそりと座っています。うっかりしてると見過ごしてしまうくらい、小さなお堂の中の、小さな神様。

たんすのばぁばに触ると、着るものに一生困らないというご利益があるんだとか。木彫りで優しく微笑むおばあちゃんの神様。見つけたらぜひ、さわってみてくださいね。 

カプセルハウス

ガチャガチャの機械が並んでる様子

東海地区最大、400台のガチャガチャが置いてあるカプセルハウス。子供の遊び場だと侮ってはいけませんよ! ここのガチャガチャは、超レアもの、マニアックものが揃っているんです。

昔懐かしい緑の公衆電話、手書きのお手紙(学生さんがバイトで書いてるの?)、手のひらサイズのダンゴムシ、仏像ストラップ、埴輪と土偶などなど、見たら欲しくなるものがいっぱい!

店の間口が1mくらいなので入りにくいかもしれませんが、中に入れば上から下までぎっしり、ガチャガチャが並んでいます。対象年齢は3歳~70歳!

あれも欲しい、これも欲しいと大人買いしたくなっちゃうので、注意してくださいね。

住所:名古屋市中区大須3-31-18 一番館ビル1F
営業時間:平日12:00~20:30 土日祝日10:00~21:00
定休日:不定休

大須演芸場

東海地方唯一の、江戸落語、上方落語の両方を聴くことができる寄席演芸場、両方聴けるのは東京・大阪の中間地点である名古屋の特権ですよね~。

テレビではあまり見ない、若手の芸人さんが中心ですが、「おぉ!」という人もたまにいますよ。

落語や漫才、コントだけでなく、三味線、マジック、曲芸なども行われています。

約180席ある、2階建ての演芸場は、毎月1日~7日、1日2公演開催されていますので、番組表を確認して見に行ってくださいね。

さいごに

名古屋の大須商店街の、大人でも楽しめるおすすめ観光スポットをお伝えしました。

大須商店街は年齢性別国籍問わず、いろんなものを受け入れて共存している、そんな商店街です。いつもパワーがあふれていて、年配の方たちも若い人たちと一緒になって、シャキシャキ歩いています。

大人だって楽しめるスポットがいっぱい! 大須にハマって、新しい発見を見つけてくださいね!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました