馬籠宿の食べ歩きおすすめ人気グルメは?見どころアクセス駐車場もご紹介!

江戸から43番目の宿場町「馬籠宿(まごめじゅく)」は、岐阜県中津川市にある坂の宿場町。通りは石畳が敷かれ、両側に江戸時代の面影を残すお店が並んでいます。

水の流れる心地いい音を聞きながら、江戸時代にタイムスリップしたかのような石畳の道をのんびり散策してみませんか?

この記事では、馬籠宿のおすすめ人気食べ歩きグルメと見どころ、アクセス駐車場をご紹介します。

石畳の坂道の往復は結構大変なので、歩きやすい靴でお出かけくださいね。

スポンサーリンク

馬籠宿のおすすめ人気食べ歩きグルメは?

「白木屋」の名物五平餅

岐阜県中津川市馬籠宿の白木屋

馬籠宿では、五平餅のお店がいくつかあります。お店によって、わらじ型や団子型と違い、たれも味噌または醤油ベースに胡桃やゴマなどが入っていて、お店ごとに特徴があります。

馬籠宿の下入口近くにある「白木屋(しろきや)」の五平餅は、ご飯をつぶした丸いだんごに、胡桃醤油味のタレを塗って、いろりでこんがり焼いた手作り五平餅。

昔ながらの製法で作られた五平餅の焼き立てを、いただくことができます。

観光案内所近くにある「近江屋」、わらじ型と団子型の2種類ある「かなめや」でも五平餅がいただけます。たれの違いを食べ比べしてみるのも楽しいですよ。

どのお店も定休日はなく、不定休となっています。

白木屋
住所:中津川市馬籠4568-3
営業時間:10:00~15:30
近江屋
住所:中津川市馬籠4380-1
営業時間:9:30~16:00
かなめや
住所:中津川市馬籠4291-1
営業時間:10:00~17:00

「道中おやき」のアツアツおやき

岐阜県中津川市馬籠宿の道中おやき

店頭で蒸したアツアツのおやきが食べられる「道中おやき」、野沢菜やよもぎ(小倉あん)、ナス(みそ味)、くるみ(白あん)、かぼちゃ、肉まんなど、おかず風と甘み風の2種類があります。

保存料が入っていない自然の味を生かしたおやきは、皮が厚めのふわふわでパンみたいです。

店内でいただくとお茶とお漬物のサービスがあり、ちょっと休憩にぴったりですね。

道中おやき
住所:中津川市馬籠4294-02
営業時間:9:30~17:00
定休日:不定休

「うさぎや」の手焼きせんべい

岐阜県中津川市馬籠宿のうさぎや

馬籠宿のほぼ中間地点にある「うさぎや」では、おせんべいの醤油の焦げるこうばしい香りがふんわり漂っていて、つい吸い寄せられてしまいます。

しょうゆやザラメ、黒ゴマ、赤しそ、青のり、特上のりなどのおせんべいを1枚味わうのもいいし、4種類ほどのおせんべいが入った紙コップ、串にささったぬれおかき(甘口醤油、七味、ごま)もあります。

ぬれおかきはぷっくり膨らんだ一口サイズのおかきが4つ串にささっていて、とってもモチモチしたお餅のような歯ごたえです。

甘口醤油は醤油の味が中まで染み込んでいて、でも甘みがあってクセになります。甘いのが苦手な方は、ピリッとした辛さがある七味がおすすめ。ごまは香りがよくて、口の中いっぱいにごまの風味が広がります。

うさぎや
住所:中津川市馬籠4295
営業時間:9:00~16:00
定休日:不定休
スポンサーリンク

馬籠宿の見どころは?

水車小屋と常夜灯桝形

岐阜県中津川市馬籠宿

馬籠宿の下入り口から坂道を上がった突き当りに「阿弥陀堂」があり、そこから道が90度に曲がっています。その先にある江戸時代の街灯・常夜灯の前でも道が曲がっています。

この「桝形(ますがた)」は、江戸時代の徳川幕府が敵の侵入を拒む防衛のために、宿場町に必ず作るよう指示されていました。

現在は江戸時代に造られた階段の道と、不便を解消するために明治時代に造られた坂道の2つが並んでいます。

常夜灯の奥には、馬籠宿のシンボルの大きな水車が回っています。(馬籠宿内には3基の水車があります。)

島崎藤村ゆかりの地

岐阜県中津川市馬籠宿の藤村記念館

馬籠宿の真ん中あたりにある「藤村記念館」は、文豪・島崎藤村の生家で、馬籠宿の本陣(大名や旗本、幕府役人など身分の高い人が泊まる旅館)でした。

明治28年の大火で本陣は焼けてしまい、土蔵と祖父母の隠居所だけが江戸時代に建てられたのままの姿で残っています。(少年時代の藤村は、隠居所の2階で勉強していたそうです。)

島崎藤村は明治30年に詩人としてデビューし、その後「破戒」を出版して小説家として名をはせました。(2022年7月に、間宮祥太郎主演の映画「破戒」が公開されます!)

藤村記念館には藤村の原稿や愛用品など6000点が収蔵されていて、「夜明け前」などの原稿が展示されています。明治、大正、昭和と時代を過ごした藤村の人生をたどることができる記念館です。

岐阜県中津川市馬籠宿の大黒屋

藤村記念館の横にある「大黒屋茶房」は、名物栗こわ飯(栗がたっぷり入ったおこわ)が食べられる食事処と、民芸品売り場があるお店。栗ぜんざいやわらび餅などの甘味も人気です。

「大黒屋」は島崎藤村の初恋の人・おゆうさんの生家で、もともとは造り酒屋。お店の2階には、酒造で新酒ができたことを知らせる目印の杉玉が吊りさげられています。

岐阜県中津川市馬籠宿のかなめや

「かなめ屋」の前に案内板があり、かなめ屋の前にある細い坂道を下っていくと、島崎家の菩提寺「永昌寺」があります。ここに、島崎藤村のお墓があります。(島崎藤村の本名「島崎春樹」という名前になっています。)

藤村の両親、藤村の前妻冬子さんと、長男や娘たちのお墓も並んでいます。島崎藤村のお墓は神奈川県の地福寺にあり、永昌寺のお墓には遺髪と爪が納められています。

清水屋資料館」は島崎家と親交が深かった家で、藤村直筆の書や小林一茶の掛け軸、九谷・伊万里・唐津などの陶磁器が、清水屋2階に展示されています。

藤村記念館
住所:中津川市馬籠4256-1
開館時間:9:00~17:00 (12〜3月)9:00~16:00
休館日:12〜2月の水曜日
料金:大人500円 高大学生400円 小中学生100円
清水屋資料館
住所:中津川市馬籠4282
開館時間:8:00~17:00 (12〜3月)8:30~16:30
休館日:不定休
料金:大人300円 学生100円

馬籠脇本陣資料館と木曽5木

岐阜県中津川市馬籠宿の馬籠脇本資料館

藤村記念館の前には木曽5木が並んで立っています。木曽の木材は良質で築城や武家屋敷の建設などに重宝されていたんですが、伐採のし過ぎで山が荒れてしまったので、尾張藩が伐採禁止令を出しました。

サワラ、ネズコ、アスナロ、コウヤマキ、ヒノキの5木は、切ったら「木1本に首1つ」と打ち首になるほどの厳しい罰のおかげで、木曽5木は特産品ブランドになっています。

馬籠脇本陣史料館」には、明治28年の大火で焼け残った、脇本陣蜂谷家の遺品や、復元された上段の間(大名が宿泊した部屋)が展示されています。

このあたりから美濃の町を見下ろすことができる

馬籠脇本陣史料館
住所:中津川市馬籠4253-1
開館時間:9:00~17:00
休館日:不定休
入館料金:大人300円 学生100円

見晴らし台

岐阜県中津川市馬籠宿の見晴らし台

下から約600mの石畳の坂道を上がると、復元された馬籠宿高札場(こうさつば:幕府や藩の決め事が掲げられた掲示板)があり、その先に展望台があります。

展望台の真正面に標高2191mの恵那山が見えます。

展望台の先に「妻籠(つまご)宿」への道(ここから7.6Km)が続いています。馬籠宿から馬籠峠を越えて、旧中山道信濃路自然遊歩道を妻籠宿まで、約3時間のハイキングが楽しめます。

街灯がないので、途中で日没にならない時間に出発するようにしてくださいね。妻籠から馬籠に向かうバスの最終は平日14:22、休日16:42(GW期間中や夏休み、紅葉の時期などは平日も運転)です。

馬籠の観光案内所で「熊よけの鈴」を借りることができます。夏は水分と虫よけグッズが必携ですよ。

スポンサーリンク

馬籠宿のアクセスと駐車場は?

名古屋から馬籠宿に行くには、JR中央線「中津川駅」で下車します。快速で1時間20分ほどかかります。中津川駅前から北恵那交通バス馬籠線に乗り約25分、終点の「馬籠」まで行きます。

または、名古屋の名鉄バスセンターから「名古屋~飯田線」に乗って「馬籠」で下車します。トイレ付、座席間隔が広めのバスで、1時間20分ほどで到着します。

車の場合は、中央自動車道「中津川IC」から国道19号線を木曽方面に向かいます。

馬籠宿の駐車場は無料で、番号が付いています。

  • 馬籠下入口付近に3か所「A-1」~「A-3」
  • 馬籠上入り口付近に4か所「B-1」~「B-5」(B-3はバス専用)
  • ふれあい広場付近の駐車場「C-1」~「C-3」(混雑時無料解放)
  • 「島田公園駐車場」(混雑時無料解放)

馬籠下駐車場に止めて、坂道を上がって下るか、上駐車場に止めて、坂道を下って上がるかなんですが、どちらかといえば馬籠下駐車場を利用する方が多いです。

大きなお土産屋「馬籠館」が下駐車場にあるので、買い物をするなら下駐車場が便利だからなのかもしれません。

下入口から見晴らし台までは、ゆっくり歩いて30分くらいです。雨の日の石畳は滑りやすいので、下るときは特に気をつけてくださいね。

※トイレは下駐車場のA-2横、上駐車場のB-2横、観光案内所(藤村記念館の前)にあります。

※馬籠宿から妻籠(つまご)宿へは「南木曽町新交通システムバス」で行くことができます(約26分・1日3~5便・年末年始は運休)。

>>馬籠宿の口コミや周辺の宿泊施設の情報を【楽天たびノート】で確認する

※情報が変更されている場合もありますので、公式サイトなどで最新情報をご確認くださいね。

スポンサーリンク

さいごに

馬籠宿のおすすめ人気食べ歩きグルメと見どころ、アクセス駐車場をお伝えしました。

秋の栗のシーズンになると、栗ふく(カステラ生地の中に栗が丸ごと1つと栗あんがたっぷり)や栗きんとん、栗アイスもなかなどが登場、栗こわ飯の味も風味も絶品になります。

季節限定メニューも登場する、栗グルメの食べ比べにもぜひ挑戦してみてくださいね。

馬籠宿に行ったら寄りたい!周辺の観光情報はこちらにもあります。ぜひご覧になってくださいね。
中津川市苗木城の見どころ撮影スポットと歴史と御城印は?巨岩と石垣がコラボした山城
error: Content is protected !!