光秀ゆかりの地 明智城跡と麒麟がくる ぎふ可児大河ドラマ館のアクセス駐車場ナビ

岐阜県可児市明智城跡の石碑【麒麟がくる】

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公明智光秀は、「謀反人」「逆臣」と言われてきましたが、ドラマでは思いやりがあり、家臣たちに慕われている印象ですよね。

謀反人のイメージがドラマで覆されていくのか、やっぱり謀反人として描かれるのかわかりませんが、この先がとっても楽しみです。

この記事では、花フェスタ記念公園で開催されている「麒麟がくる」ぎふ可児大河ドラマ館の見どころと、可児市にある光秀が育った?明智城跡をご紹介します。

両方まわって、どっぷり「麒麟がくる」の世界にハマってしまいましょう~!

スポンサーリンク

岐阜県可児市の光秀ゆかりの地へ

可児市明智荘は明智光秀の生誕地?

岐阜県可児市明智城跡へ行く桔梗坂の入り口

明智光秀の前半生はほとんどわかっていなくて、生誕地についてもいくつか諸説がありますが、通説として、土岐氏の流れをくむ土岐明智氏の一族ではないかと言われています。

土岐明智氏が治めていた明智荘(あけちのしょう)、「麒麟がくる」第1回のドラマ後の「紀行」で「光秀のふるさと」として伝わる場所と紹介されました。

明智光秀は1528年に生まれ、1556年の明智城落城までこの地で過ごしたと記録が残っています。

明智城は光秀の叔父・光安(ドラマでは西村まさ彦さん)が城主を務めた明智城は、自然の地形を生かした山城です。本丸までは両脇に桔梗が植えられている桔梗坂を登っていきます。

光秀が育った?明智城址

岐阜県可児市明智城跡の大手門

明智城は可児市瀬田長山にあったお城で、別名「長山城」とも言われています。

細い石畳の坂を上がっていくと、再現された明智城大手門があります。木の枠組みだけの門なんですが、なんだか威厳ある門ですよね。

ここからさらに石畳の坂を10分ほど上っていきます。ハイキングするつもりで、歩きやすい靴でお出かけくださいね。本丸の標高は175m、「明智城址」の石碑が建っています。

1556年斎藤道三と嫡男義龍が戦った合戦(長良川の戦い)で道三が戦死、道三に恩もあるが義龍にも義があるとしてどちらの勢力にも加担しなかった明智一族は、苦境に立たされました。

道三の正室(帰蝶の母)は光安の妹で、道三の外戚だったこともあり、道三死後に義龍から攻撃を受けました。明智城は800人ほどで籠城するものの、落城してしまいます。

光秀は明智家再興を託されて、西濃の親族を頼って落ち延びるんですが、残った光安らは自刃し、明智一族は光秀を除いて滅亡してしまったんですね…。

今は城の面影はなく、七ツ塚(明智城が落城したときに亡くなった7人の武将が祀ってある塚)や、新しく作られた馬防柵などがありました。

展望台と稲葉山城

岐阜県可児市明智城跡の展望台

そのまま歩いて行くと、展望台がありました。ここから見渡せるエリアが明智荘だったんだとか…ドラマで出てくる田んぼが広がってるのどかな風景(実際は岩手県で撮影されたそうです)が、広がっていたんですね…。

…て、ちょっと待って! 斎藤道三の居城って稲葉山城、のちの岐阜城ですよね? で、ここは岐阜城より35Kmほど離れているんですよ! 馬で山越え野を駆けても半日はかかるんじゃないでしょうか…。

ドラマで道三に「明日の朝登城せよ」って言われてましたが、明智荘まで帰ってる時間ないですよね? すぐそこ、じゃなくて、めちゃめちゃ遠いんじゃん!と驚いてしまいました。

こんなに広いのに、まだ領地が欲しくて?織田の軍勢と戦っていたなんて…そんな時代に生まれなくてよかったとちょっと思ってしまいました。

六親眷属幽魂塔

岐阜県可児市明智城跡にある明智一族の供養塔

展望台から、最近新しく作られたというくだり道を降りていきます。途中に「六親眷属幽魂塔(ろくしんけんぞくゆうこんとう)」があります。

スポンサーリンク

昭和48年に発見されたもので、当時は石がわずかに頭を出してるだけだったそうです。地中からは人骨や武具が発見されています。落城時の戦死者ではないかと考えられています。

村人がひそかに明智一族のために建てた供養塔で、塔を建てたことがばれると、逆臣に味方したとして思い処罰を与えられるから、埋没させてお祀りしていたんですね。

村人たちが危険を冒してまで明智一族を供養したのは、明智城主がこの土地をきちんと治め、村人たちから慕われていた証拠ですね。「いい人」でも憂き目を見る戦国時代…光秀もその一人だったのかもしれません。

そこからまた下っていくと、アスファルトの道路に突き当たります。右へ行くと、最初の桔梗坂の入り口へ戻ることができます。

「麒麟がくる」ぎふ可児大河ドラマ館

大河ドラマ館のチケット料金は?

岐阜県可児市花フェスタ記念公園の入り口

花フェスタ記念公園は、世界最大級のバラ園があることで知られる、岐阜県営都市公園です。ぎふ可児「麒麟がくる」大河ドラマ館は、公園内の一角にあります。

入口正面左側にチケット売り場があり、大河ドラマ館の当日入場券を購入します。大河ドラマ館の入場と、花フェスタ記念公園の入場は別料金です。

花フェスタ記念公園の入園チケットとセットになったチケットもあります。花フェスタ記念公園では、バラの見ごろ時期の入場料金が変わるので、セットチケットの料金も変わるのでは?と思われます。

※花フェスタ記念公園で見られる花
パンジー・ビオラ(2月)、紅白梅(2~3月)、ネモフィラ(3~4月)、ひまわり(7~8月)、コスモス(9月)、ポインセチア(12月)、バラ(春・秋)など。

麒麟がくる ぎふ可児大河ドラマ館
料金:大人 500円 小中高生 200円
開催場所:花フェスタ記念公園(可児市瀬田1584-1)
開館時間:9:00~17:00 
開催期間:2020年1月11日~2021年1月11日 年中無休
※花フェスタ記念公園入園料:大人 530円(春・秋バラまつり期間は1,050円)
高校生以下無料 休園日は毎週火曜日と年末年始

大河ドラマ館の見どころは?

岐阜県可児市花フェスタ記念公園で開催されている大河ドラマ館

入口ゲートをくぐると、左手に花フェスタ記念公園への入り口があり、大河ドラマ館へは右側へ向かいます。ラーメンや唐揚げなどが食べられる飲食エリアの前を通った右側にドラマ館への入り口があります。

大河ドラマ館では、ドラマに登場する明智光秀、駒、明智光安、藤田伝吾の衣装展示や、ドラマのメイキング映像、光秀の家の庭が出来上がるまでの映像などを見る事ができます。

家の庭は、ドラマ内でちょこっと映るだけだとしても、ちゃんと庭師さんが全体のバランスとかを考えて、手作業で作られていることを知りました。

メイキングを知ると、ドラマで庭が映るたび、庭に意味があるように見えるので不思議です。

岐阜県可児市大河ドラマ館のデジタル体験コーナーでなれる武将姿

デジタル体験コーナーでは、「光秀」「駒」「お牧さん(光秀の母)」の3人になれる、というのがあります。顔の部分だけ撮影して、写真にはめ込むんです。

自分の顔が入った写真が30秒だけ画面に表示されるので、携帯やカメラで撮影することができるんですが…なんだか別人のような写真でした。女性も光秀を選ぶ人が多かったです。

大河ドラマ館エリア外では、明智光秀の生涯を紹介したパネル展や、光秀にちなんだお土産の販売、戦国時代をイメージしたグルメなどのコーナーもありますよ。

さいごに

岐阜県可児市に残る、光秀生誕地とされる明智城址と、花フェスタ記念公園で開催されている「麒麟がくる」ぎふ可児大河ドラマ館の見どころと、 をお伝えしました。

明智城跡へは歩きやすい靴でお出かけくださいね。特に雨上がりは、本丸からの下りの階段は滑りやすくなっていますので、注意が必要です。

花フェスタ公園へのアクセスは、天龍寺の記事にありますので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました