本ページはプロモーションが含まれています。

蒲郡花火大会2024見える場所と屋台は?大迫力の三尺玉花火は圧巻!

蒲郡まつり花火大会は毎年7月最終の土日に行われる納涼祭りのフィナーレ。太平洋岸で最大級の正三尺玉花火が3発打ちあがることで有名です。

開いた直径が650m、東京スカイツリーがすっぽり入る大きさで、写真を撮ろうと構えていたらフレームアウトしてしまう人が続出の、超でっかい花火なんです。

この記事では、蒲郡納涼まつり花火大会の見える場所、屋台の場所、アクセス駐車場についてご紹介します。

とにかくでかい花火は必見! 大迫力の花火を見に行ってくださいね。

スポンサーリンク

蒲郡まつり花火の見える場所は?

蒲郡市竹島園地公園
竹島園地公園

蒲郡まつり花火大会の有料席エリアは「蒲郡商工会議所」「命の海科学館」の南側(海側)で、そのあたりから見える花火が正面になります。

観覧エリアは、

  • 竹島ふ頭とその東側にある竹島園地公園(写真↑)
  • 蒲郡緑地
  • 竹島ベイパーク
  • ボートレース蒲郡
  • 三ツ谷グラウンド

※蒲郡ふ頭は立ち入り禁止ですので、注意してくださいね。

竹島に渡る橋(竹島橋)から東側はずーっと緩やかな階段の道が海岸沿いに続いています。このあたりも観覧可能です。竹島橋から観覧する方も多いです。

特大の三尺玉花火は、東京スカイツリーがまるっと入るくらいの大きさなので、海岸線沿いならどこからでも見えるって感じです。春日浦からでもよく見えますよ。

アピタ蒲郡店の屋上駐車場は18:00以降解放されますが、事前の抽選で当選された方のみ入ることができます。

穴場としておすすめは「とよおか湖公園」、会場から少し距離がありますが、意外とよく見えます。駐車場が33台とそんなに多くないので、少し早めに行くようにしてくださいね。

※「イオンモール蒲郡店」の屋上駐車場から見たという方も。渋滞にはまる前に脱出できる可能性があるかも?

蒲郡の花火大会は、84.3MHz FMとよはしでオンエアされます。花火の解説だけでなく、正三尺玉の打ち上げタイミングが事前にわかるので、ラジオ持参で楽しんで下さいね。
2024第42回蒲郡まつり花火大会
日時:2024年7月28日(日)19:30~21:00
※荒天時は翌日順延(予定)
有料席:椅子シングル席5,000円 椅子ペア席10,000円 ブルーシート席(4名)20,000円
※全席指定 セブンチケットにて6月1日~販売中
スポンサーリンク

蒲郡まつりの屋台は?

※2023年の情報です。

蒲郡まつりのサテライト会場(竹島ベイパーク駐車場)に飲食ブース(約15店舗)が作られます。
7月30日11:30~21:00にオープン。

また、毎年蒲郡まつりでは、蒲郡駅南駅前広場から竹島ふ頭までの道路沿いに屋台が並びます。(7月30日(日)18:00~21:30まで車両通行止めになります。)

↑お祭りや花火大会に浴衣で行きたいなら、チェックしてみてくださいね。着付けができなくても下が巻きスカートになっていて、誰でも簡単に着られる浴衣もありますよ。

スポンサーリンク

蒲郡まつり花火大会のアクセス駐車場は?

名古屋駅から蒲郡花火大会に行くなら、JR東海道本線で「蒲郡駅」まで行きます(乗り換えもなくおすすめ)。

名鉄電車で行くなら「安城駅」で名鉄西尾線に乗り換え、「吉良吉田駅」で蒲郡線に乗り換えます。または、名鉄本線で「豊橋駅」まで行き、JRに乗り換えて蒲郡まで戻ることもできます。

【7/30名鉄電車の臨時列車】(未定)

臨時列車:18時台~21時台 の「西浦 → 蒲郡」1本(普通)、「蒲郡 → 吉良吉田」2本(普通)
延長運転:「西尾 → 新安城」を「吉良吉田 → 新安城」に変更 *西尾発を吉良吉田発(21:55)に。

蒲郡まつり花火大会の臨時駐車場は?

※2023年の情報です。

蒲郡まつりでは臨時駐車場が12か所用意されています。※竹島水族館西側の「竹島ベイパーク」は駐車禁止です。

  • 三谷グラウンド駐車場(60台)
  • 西田川河口駐車場(200台)
  • 蒲郡市営竹島駐車場(200台)
  • 蒲郡駅南公共駐車場(170台)
  • 蒲郡市民会館駐車場(350台):~22時まで、出口は左折のみ
  • 蒲郡市民会館臨時駐車場(100台):出口は左折のみ
  • 浜町テニスコート駐車場(50台)
  • 蒲郡緑地駐車場(50台)
  • 蒲郡市保健医療センター駐車場(100台):17:00以降駐車可
  • ボートレース蒲郡駐車場(2400台):~22:00まで
  • イオン蒲郡店駐車場(50台):17:00以降駐車可
  • サンヨネ蒲郡店駐車場(250台):18:00以降駐車可

駐車場は点在しているものの、国道23号線は大渋滞必至です。ボートレース蒲郡は駐車台数も多く、駐車場から花火を見ることもできます。

※蒲郡駅北側に有料のコインパーキングもあります。有料でも花火会場に近い駐車場が必要な場合は、こちら↓

  • 三井のリパーク蒲郡駅前第3駐車場:蒲郡市神明町1-5
    (40台)最大料金24時間550円
  • 三井のリパーク蒲郡駅前第4駐車場:蒲郡市元町6-8
    (20台)12時間以内450円
  • MAYパーク蒲郡:蒲郡市元町66-2
    (74台)最大料金500円

2023年は国府町の花火大会も同じ日に開催だったため、ラグーナ周辺、国道1号線も大渋滞でした。渋滞は仕方がないので、運転に気をつけてお帰り下さいね。

スポンサーリンク

さいごに

蒲郡納涼まつり花火大会の見える場所、屋台の場所、アクセス駐車場についてお伝えしました。

とっても大きな三尺玉の花火は重さが200Kg! クレーンを使って鉄の筒に花火を納め、打ち上げ場所に運びます。三尺玉の花火が上がると一斉に「うわぁ」って声がでちゃうくらい、圧巻です。

ふつう花火大会って言うと45分~1時間くらいなんですが、蒲郡の花火大会は1時間半、ミュージックスターマインや水上スターマインなど、次から次へと打ちあがります。

お尻が痛くならないように敷物を持ってお出かけくださいね。

error: Content is protected !!