大須万松寺の駐車場は?商店街で白龍が霧を吐く織田信長ゆかりの近代的なお寺

名古屋市中区大須の万松寺の手水お寺・神社

大須商店街の真ん中にある亀岳林 万松寺(きがくりん ばんしょうじ)、以前は華やかな通りに面した、ひっそりしたお寺でしたが、現在は堂々と存在をアピールしています。

480年以上の歴史を持つ万松寺は、織田信長ゆかりのお寺です。大須商店街の中で違和感なく、大きな白龍が行きかう人たちの目を引き付けています。

この記事では、万松寺の駐車場と白龍やお寺の謂われ、ご利益についてご紹介します。

大須商店街に行かれる際には、ぜひ万松寺に立ち寄ってみてくださいね。

スポンサーリンク

大須万松寺時の駐車場は?

名古屋市中区大須の万松寺入り口

大津通りの万松寺の交差点を北へ向かうと、左手に「万松寺駐車場」があります。3階から8階が駐車場で、約800台・24時間営業・年中無休、大須商店街直結なので雨の日でも安心です。

駐車場の入り口は2か所、デニーズのお店の下と、そこから50mほど先にあるケバブ屋さんの先にあります。どちらに入れても料金は同じです。

※駐輪場もあります。

万松寺直営駐車場 
住所:名古屋市中区大須3-30-40
一般利用料金
8:00~18:00 30分200円
18:00~8:00 30分50円
最大料金 平日:800円 土日祝日:1,200円 夜間(全日)500円

万松寺駐車場を過ぎて、赤門の交差点を左折すると、「タイムズ大須赤門通り」の駐車場があります。248台、年中無休です。

料金は平日30分220円、最大料金は700円、土日祝日は30分330円で最大料金1,600円なので、万松寺駐車場に比べると割高です。

※下の階は月ぎめ駐車場になっているので、空いていても駐車できません。一般駐車場かどうか確認して駐車してくださいね。

万松寺駐車場に空きがあれば、駐車しちゃうのが一番近くて便利ですよ。

大須万松寺の白竜が霧を吐く!

名古屋市中区大須の万松寺の白龍

万松寺でひときわ目を引く白い龍、白は「清浄」龍は「仏法の守護神」なんだとか。約8mの龍が顔をのぞかせ、下にも2体の龍がにらみ合っています。

時間になると、「再生」をテーマにした映像が流れ、上の龍が霧を吐き、下の龍は水を吐きます。看板には「水がかかる場合がありますので、ご注意ください」の文字が。

風が強い日でなければ、水はかからないように勢いが抑えられています。もっと勢いがあれば迫力あると思うのですが、それでも「おぉ!」と声が出るインパクトはあります。

水と光の演出は、11:00・13:00・15:00・17:00・19:00と1日5回上演されています。5分くらいなので、時間前に白龍の前でスタンバってくださいね。

万松寺ではからくり人形「信長」も上演されます。

梵鐘の音とともに本堂の3階部分の扉が開いて、舞台がせり出てきます。第1場は父織田信秀の葬儀のシーン。第2場は桶狭間の合戦の出陣前に、清洲城で「敦盛」を舞う信長です。

人形は等身大?と思うくらいの大きさです。白龍の後ろの階段から2階部分に上がって見ると、よく見えますよ。

上映時間は、10:00・12:00・14:00・16:00・18:00と、白龍と交互に上演されるようになっています。

スポンサーリンク

大須万松寺は織田信長ゆかりのお寺

名古屋市中区大須の万松寺にある織田信秀公のお墓

万松寺は1540年に織田信長の父、織田信秀が織田家の菩提寺として建立しました。当時は約5万5千坪の大きな寺院だったようです。

徳川家康が6歳の時に人質として今川家に送られる途中、織田信秀に引き渡されて、9歳まで過ごしたお寺とも伝わっています。

織田信長が父信秀の葬儀で、位牌に抹香を投げつけたのは有名な話ですが、その舞台になった場所でもあります。信秀公のお墓は、現在も万松寺の敷地内に祀られています。

※毎年信秀公の命日3月3日に法要が行われています。

1610年、名古屋城築城のため徳川家康の命により現在の場所(大須)に移転しました。縮小されたとはいえ、約2万2千坪以上あったそうです。

1912年にお寺の敷地を開放し、大須商店街が作られました。織田家の威光が現代も続いている、そんな気がします。

万松寺のご利益は?

名古屋市中区大須の万松寺の本堂

万松寺の本堂(入り口から一番奥)には、ご本尊「十一面観世音菩薩」さまが祀られています。すべての方向を見守り、すべての生きとし生けるものを救う観音さまです。

無病息災・病気平癒・家内安全・開運成就・厄難消除などのご利益があります。

名古屋市中区大須の万松寺の身代わり不動明王

入口正面には「身代不動明王」が祀られています。ご利益は、厄難消除・災害消除・無病息災・病気平癒・交通安全などがあります。

毎月28日の18:00から、身代わり餅が無料で配布されます。信長が銃撃された時、万松寺の和尚からもらい受けた干し餅を懐中に入れていたため、かすり傷ですんだんだとか。

つきたてのきなこ餅は柔らかくっておいしいので、チャンスがあればいただいてくださいね。札処では、「信長 身代わり餅」が常時販売されています。

毎月28日のみ授与される縁守りも、細長い布を結んだような形でかわいいですよ。月ごとに色が変わるので、ぜひ授与所をのぞいてみてくださいね。

名古屋市中区大須の万松寺の白雪稲荷

身代不動明王の横には「白雪稲荷(はくせついなり)」が祀られています。赤い鳥居と、天井画がとてもきれいなので、ぜひかがんで見てみてくださいね。

ご利益は、除災招福・金運招福・商売繁盛・恋愛成就・心願成就などです。

ご利益豊富な万松寺では、お守りの種類たくさんあります。クリスタルのストラップヤカード型のお守り、将棋の王将コマで作られた勝守り、おみくじの大吉を5枚集めたらいただける大吉守りなど、どれも欲しくなっちゃいますね。

亀岳林 万松寺
住所:名古屋市中区大須3-30-35

さいごに

万松寺の駐車場と白龍やお寺の謂われ、ご利益についてお伝えしました。

商店街の真ん中にあって、近代的なビルのきらびやかなお寺は、大須商店街にお買い物に来たついでに寄ってみようかな、と思えるような楽しさを備えています。

大須商店街に行かれる時は、ぜひ万松寺にも寄ってみてくださいね。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました