岐阜の伊奈波神社で逆さ狛犬と黒龍さんにご利益もらおう!アクセスと駐車場は?

岐阜県

岐阜公園から約1Kmほど離れた場所に、斎藤道三が稲葉山(金華山)山中から遷したとされる伊奈波神社があります。

その後、豊臣秀吉が別の場所にあった社を伊奈波神社へ遷したため、神社内には境内社(神社の境内に本社殿とは別に祀られている杜)がたくさんあります。

この記事では、岐阜市伊奈波神社の逆さ狛犬さん、黒龍さんのご利益、御朱印、お守りやアクセス・駐車場についてご紹介します。

神社全体がパワースポットになっている伊奈波神社、ゆっくりまわって身体全部でそのパワーを吸収してくださいね。

スポンサーリンク

伊奈波神社のご利益は?

伊奈波神社のご祭神とご利益

大鳥居から枝垂れ桜が続く長い坂道の参道を上っていくと、伊奈波神社(いなばじんじゃ)に続く階段があります。(手水舎は階段上がる前、向かって左側にあります。)

1900年以上の歴史を持つ伊奈波神社は、岐阜の産土神(うぶすながみ:その土地の神様で、生まれる前から死ぬまでをずっと守護してくれる神様)として親しまれてます。

もともとは稲葉山(金華山)にあった神社を、斎藤道三が稲葉山城を築城するときに、現在の場所へ遷座しました。マムシと言われた道三でしたが、戦の前に参拝に訪れていたそうで、歴史ある神社に敬意を払っていたんですね。

岐阜伊奈波神社の拝殿
拝殿

伊奈波神社のご祭神は、五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)、天皇の皇子でありながら、弟に皇位を譲り、自分は弓矢を望んで、池や水路を作って天下泰平に導いた人です。

「戦の神」でもあり、斎藤道三をはじめ、戦国武将たちを助けた神様でもあります。

ご利益は 「家内安全」「商売繁盛」「安産」「交通安全」などの他にも、仕事で行き詰まったり、くじけそうになった時に、力を授けてくれると言われています。

とても古い境内は、由緒ある趣で、パワースポットとしても有名です。なんだか空気がひんやりと澄み切っているような感じがしました。

伊奈波神社の逆さ狛犬さん

拝殿への階段を登り切った神門の両脇に狛犬が並んでいるんですが、その下に後ろ足を蹴り上げた「逆さ狛犬さん」がいます。大正時代の初めに造られた狛犬さんです。

頭の上のコインを落とさないように逆立ちしてるようにも見えますよね。

雲を蹴り上げるような仕草の逆さ狛犬さんをなでることで、飛躍できるパワー(金運・勝運アップ)がもらえるんだそうです。

階段を挟んで左右にいる逆さ狛犬さん、両方なでなでして、ご利益を頂いてくださいね。

岐阜伊奈波神社にいる白馬

最上段には立派な神門があり、その先は立ち入ることができません。ここから拝殿へお詣りします。拝殿に向かって左側には、白馬がいますよ。

後ろを振り返れば、岐阜の街が見渡せて、思わず「うわぁ」って声が出ちゃいますよ。階段を上った山の上の神社は、山全体がパワースポットのような、神域のような気がします。

伊奈波神社の黒龍さん

伊奈波神社の境内社の中で1番人気がある「黒龍大社」、強力なご利益があると、全国各地からたくさんの方が訪れています。

伊奈波神社がこの場所に移る前から、ここに祀られていた黒龍社は、その古さを物語る、年代を感じさせる社です。お賽銭箱の上には、立派な木彫り龍が飾られています。

どんな願い事も叶えてくれる願えば願うほど叶うという黒龍さま。特に病気平癒を願って全国各地から訪れる方が多いことで有名です。

スポンサーリンク
岐阜伊奈波神社にある黒龍神社の龍の頭

鳥居をくぐった右側に、龍の頭に似た石(龍頭石)が祀られています。諸願成就を願って、必ず参拝してくださいね。

伊奈波神社の境内社

赤い鳥居が並ぶ「楓稲荷神社」、ご祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)で、豊穣の神様です。「商売繁盛」や「良縁」を願う神社として人気があります。

正面の鳥居の奥は「吉備神社」、ご祭神は吉備津彦命(きびつひこのみこと)、服飾や和洋裁、手芸の守護神です。針供養の針塚もあります。

手水舎の横にある「伊奈波大黒社」、ご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)です。「商売繁盛」「福徳円満」「縁結び」を祈願します。

ご神像は例祭の時(毎年5月15日)だけ拝することができ、ご神像のおなかに触れるとご神徳に恵まれると言われています。

他にも金山神社・愛宕神社、秋葉神社、松尾神社、徳川家康公をご祭神とする東照宮などなど、10以上の境内社があります。

伊奈波神社の御朱印・お守りは?

伊奈波神社の社務所で、伊奈波神社と黒龍社の御朱印を授けていただくことができます。オリジナルの御朱印帳(ピンク・黄色・紺色の3色)もありますよ。

お守りもたくさんあって、どれにしようか悩んでしまいます。「願い叶う守」や「はじめの一歩守」、「明日を照らす守」など、いろんなお守りがあります。

人気があるのは「黒龍福成る守」で、2枚の札を合わせてカチカチと音を立てて、ご利益をいただくことができるお守りです。時には売り切れになっているほど人気のあるお守りです。

社務所の受付時間は9:00~16:00です。

伊奈波神社
住所:岐阜県岐阜市伊奈波通り1-1
電話番号:058-262-5151

伊奈波神社へのアクセスは?

岐阜伊奈波神社の桜が咲く境内

電車・バスの行き方

名古屋からJR東海道本線で「岐阜駅」まで行きます。JR岐阜ターミナル12番または13番から岐阜バスに乗車、10分ほど先の「伊奈波通り」で下車します。

バス停から東へ6分ほど歩くと、伊奈波神社前の大鳥居へ到着します。

※岐阜駅への戻りは「伊奈波通り」のバス停から、岐阜駅行のバスに乗車します。ICカードは岐阜バスの「ayuca」または岐阜市発行の「おでかけバスカード」のみしか使えませんので、注意してくださいね。

車の行き方・駐車場は?

国道256号線の「矢島町1」の交差点から東へ400mほど行くと、大鳥居の前に到着します。カーナビに設定するときは「伊奈波通り1-6」と入力してくださいね。

伊奈波神社の無料駐車場は、大鳥居の右側にあるわき道を入った右側に30台ほど駐車できるスペースがあります。伊奈波神社の坂の下にある公園前広場は駐車禁止区域ですので、停めないようにしてくださいね。

岐阜公園堤外駐車場から歩いても25分ほどで到着しました。最初の1時間は無料、1回300円なので、岐阜城とセットで参拝されるのもおすすめです。

岐阜公園堤外駐車場
住所:岐阜市御手洗381
料金:1回300円(最初の60分は無料)
営業時間:8:30~21:00(イベント時延長あり)

さいごに

岐阜市にある伊奈波神社の逆さ狛犬さんと黒龍さんのご利益、御朱印、お守りと、 アクセス・駐車場についてお伝えしました。

春には枝垂れ桜の並木が続く参道が、桜の名所としても知られている伊奈波神社。ライトアップもされるので、桜を見ながら散策も素敵ですよ。

パワースポットがあふれる伊奈波神社へ行かれる際には、ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました