国府宮神社のはだかまつり2022年はコロナで中止?大鏡餅の奉納はある?

稲沢市国府宮神社 お祭り・イベント

愛知県稲沢市国府宮(こうのみや)神社と言えば、旧暦の1月13日に行われる天下の奇祭「はだか祭」が有名ですよね。江戸時代末頃から始まった、ふんどし姿の男たちが寒空の下でもみ合う神事です。

2021年のはだか祭は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、はだか男を見ることはなく、神男厄払い行列となりました。残念ながら2022年もはだか男のもみ合いは中止が決まりました。

この記事では、

  • 2022年の国府宮神社はだか祭の特別御朱印と厄払い
  • 国府宮神社はだか祭り前日の大鏡餅の奉納2021年の様子
  • 2022年の国府宮はだか祭はどう変わる?日程と交通規制は?

についてご紹介します。

はだか男がいないはだか祭は、なんだか物足らない気もしますが、新しい形の厄落としのお祭りを静かに見守りましょう。

 
スポンサーリンク

2022年の国府宮はだか祭は中止?

はだか男のもみ合いは中止

国府宮神社のはだか祭り前の山門
開催日を示す標柱

2022年の国府宮はだか祭は、はだか男たちのもみ合いは中止となりました。オミクロン株による感染拡大が懸念される中でのもみ合いは超3密で、クラスターが発生する可能性もあるからです。

もみ合いが中止になるのは、昭和天皇が崩御した1989年と、2021年に続いて3回目となります。

2021年ははだか男のもみ合いの代わりに、神男の厄払い行列が行われました。2022年の神事も、儺追行列が参道を歩きます。

国府宮神社の儺追(なおい)神事
2022年2月13日(日) (15:00~神男の儺追行列)

はだか祭特別御朱印はある?

2022年は、はだか祭り特別御朱印が用意されます。

2022年は全4種類、台紙の色と文字、柄がそれぞれ違います。

  • 「除厄招 国府宮」:なおい布と儺追神事標柱
  • 「除厄招福 はだか祭 国府宮」:大鏡餅
  • 「奉拝 国府宮」:なおい笹
  • 「除厄招福 はだか祭 国府宮」:国府宮提灯

特別御朱印授与期間:2月6日~(枚数限定の書置き御朱印で、なくなり次第終了)
初穂料:500円

厄除けのお守り・なおいぎれの授与もありますが、5本、10本まとめで授けていただく形でした。5本初穂料500円、10本初穂料1,000円となります。

儺追殿昇殿参拝で厄払いは?

稲沢市国府宮神社のなおい殿

儺追殿(西側玄関)にて、神男のお加持を受けることができます。

神男は、家族といったん縁を切り、儺追殿に入り3日3晩こもります。白米とたくあん、白湯しか口にせず、身体を清め、神に近づいていきます。

神男に触れれば厄落としができる」といわれ、神男がおこもり中の4日間に、儺追殿に参拝して厄祓いができます。昇殿参拝の初穂料は1名につき1,000円です。

  • 2月10日(木) 19:00〜20:30
  • 2月11日(金) 19:00〜20:30
  • 2月12日(土) 20:30〜21:30
  • 2月13日(日) 8:00〜10:30

神男はたくさんの人たちの「厄災」を一身に受けて、儺追神事に臨むんですね。

厄除け祈祷は9:00~16:00に随時行われます。はだか祭り当日は5:00~17:00頃で、初穂料は5,000~となっています。

儺追殿昇殿参拝の駐車場について
HPでは「儺追神事の前後3日間は神社駐車場が全く使用できません」とありますが、夜に行われる昇殿参拝では、駐車場を利用することができます。
スポンサーリンク

国府宮神社はだか祭りの大鏡餅奉納は?

2022年の大鏡餅は稲沢市祖父江町から奉納!

国府宮神社はだか祭りの大鏡餅奉納
国府宮神社の大鏡餅奉納
2022年2月12日(土)13:00〜

2022年の大鏡餅奉納は、稲沢市祖父江奉賛会が担当で、予定通り行われます。

2月11日に旧尾西市内の大鏡餅パレードがあり、12日に国府宮神社に奉納されます(予定)。

例年通り、小餅の鏡餅奉納も予定されています。(毎年約50団体が奉納するのですが、2021年は餅つきを中止にした団体が多く、20団体ほどでした。)

奉納行事は縮小されるものの、クレーン車で吊り上げての奉納が行われます。ちょうど土曜日に当たるため、見学者が多くなるかもしれませんね。

2021年の大鏡餅の奉納はどうだった?

国府宮神社はだか祭りの鏡餅

はだか祭りの奉納は大鏡餅だけではなく、みこしに乗せた鏡餅や、子餅、ビール、清酒などがあちこちから奉納されます。(リフトで持ちあげて、拝殿へ奉納されていました。)

町内会、市内の中学校の卒業生の会、祭りの設営に携わる業者の会、ボーイスカウトとガールスカウトなど、大鏡餅が奉納される前日や当日の午前中に、鏡餅がどんどん運ばれてきます。

どの鏡餅も2つ重ねの丸餅の上にひし形のお餅が2つ、上に羊かんで作っただいだいがのっています。拝殿の中は、鏡餅だらけです。

出典:国府宮神社

午後1時過ぎ、尾頭付きの鯛や伊勢エビ、100本の水引きや松などで飾り付けをされた大鏡餅は、大型トラックに乗せられて、国府宮神社の参道に到着します。※2021年は一宮市尾西からの奉納でした。

大鏡餅の大きさは、台座を入れた高さが2m35㎝、直径2m40cm、重さは約4トンです。重ねた下のお餅が24俵、上のお餅は20俵、3俵分のひし餅2つに羊かん1000本分のだいだいをのせています。

飾り付けをいったん取り除いた後、クレーンで吊り上げ、台車に載せて運びます。

国府宮神社大鏡餅が山門をくぐる

国府宮神社前の楼門は、下層が室町時代後期の建築で、上層は江戸時代(1646年)に建築されました。下層に比べて上層が大きい、入母屋造りの屋根の山門です。

国の重要文化財となっている楼門、三間一戸の間口は7.79m、中央の部分は柱を傷つけないように柱の下の部分にカバーされていたので、間口は3mもないくらいでしょう。

なんとかぎりぎりで通過できる大きさの大鏡餅。上のだいだい(羊かん)は取り除いて、お餅だけにして、台車を通します。

楼門の内側で見ていましたが、天井ぎりぎりでなんとか通過しました。拝殿前でもう一度クレーンで吊り上げて、拝殿へ納めます。

儺追神事(はだか祭)翌日8時から、大鏡餅切始(おおかがみもちきりはじめ)が行われ、大きな鉈(なた)のようなものを、金槌でたたいて、切り分けていきます。

国府宮神社で配られた鏡餅

この餅をいただくと夏病みをしないという言い伝えがあり、たくさんの人が列を作ってお餅をいただきに集まります。(1人10袋まで。1袋100円です) 40分ほど並んで、購入することができました。

切り分けられたお餅はとっても硬くて、つぶつぶが少々残ってるお餅です。神様からのお下がりなので、ありがたくいただきました。

スポンサーリンク

2022年のはだか祭りはどう変わる?

国府宮神社となおい笹

2021年ははだか男なしのはだか祭

2022年の儺追神事は、2021年と同じく「神男の厄払い行列」になると思われます。

神男が神職に囲まれて、御幣(ごへい:しめ縄や玉串に付けられる白いギザギザの紙が付いた棒)を手に参道を歩き、たくさんの人たちが見守っていました。

当日ははだか男が飛び出してくるんじゃないかという心配もあったようですが、何事もなく無事に終わりました。2022年のはだか祭も、盛り上がりに欠けるかもしれませんが、粛々と進んでいくと思われます。

はだか祭りの神男2022年の決め方は?

2022年の神男は、祭りの流れを熟知する歴代の神男経験者の中から選ばれました。3人の志願者がみくじを引いて、2011年の神男さんが2度目の神男を務めることが決まりました。

神男は、2月10日から3日3晩のおこもりをして、2月13日厄払い行列が行われます。

厄払い行列は、神男、神職、歴代の神男経験者が会員となっている鉄鉾会(てっしょうかい)のメンバーらが参道を歩きます。

稲沢市内の小中学校は、はだか祭り当日は休校なんですが、2022年は日曜日に当たります。特別休日がなくて、子供たちはちょっと残念かもしれないですね。

国府宮はだか祭り2022年の日程は?

国府宮神社のはだか祭2022年の日程は下記のように決まっています。

日にち時間  内容
2月2日(水)9:00儺追(なおい)神事の標柱が国府宮神社前に建式される
10:00儺追人(神男)が選定される
2月6日(日)9:00奉納される大鏡餅の餅米を洗う
2月7日(月)5:00大鏡餅の餅つき
2月10日(木)17:00儺追人(神男)が儺追殿に入り3日3夜おこもり
2月12日(土)13:00大鏡餅が国府宮神社に奉納される
19:00庁舎神事(ちょうやしんじ:儺追神事の前夜祭)
2月13日(日)15:00儺追神事
2月14日(月)3:00夜儺追神事(よなおいしんじ:神男が災厄を込めた餅とともに追い出される)
8:00大鏡餅を切り分けて一般に授与される
2月28日(日)19:00的射神事(まといしんじ:桑の弓にうつぎの矢で的を射て魔を祓う)

毎年はだか祭り当日に、祭りに参加できない人たちの厄除け祈願が書かれた、色とりどりのなおい布がつけられたなおい笹を、はだか男たちが担いで国府宮神社の拝殿へ奉納します。

2022年は着衣姿でのなおい笹(なおい布)奉納となります。

はだか祭り当日の交通規制は?

出典:稲沢警察署

2月13日10:00〜16:30は交通規制が行われます。国府宮神社周辺は車両通行・路上駐車は禁止です。国府宮神社の駐車場に入ることもできないので、注意してくださいね。

スポンサーリンク

さいごに

2022年の国府宮神社はだか祭りと大鏡餅の奉納についてお伝えしました。はだか男のなおい笹奉納ともみ合いは中止ですが、そのほかの神事は予定通り進められる予定です。

2022年のはだか祭りは、2年続けて「はだか男のいない祭り」で、とっても残念です。でも、感染再拡大を防ぐためには、仕方がないですよね。

来年こそは!と期待を込めて、1200年以上続く神事を見守りましょう!

error: Content is protected !!