香嵐渓の紅葉2020年の見所と行き方と駐車場情報!ライトアップは中止になりました

お祭り・イベント

愛知県で1番の紅葉スポットは?と、豊田市の香嵐渓を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

毎年、夕方からのライトアップの時間帯には大渋滞必至の香嵐渓もみじまつりですが、2020年は新型コロナウィルス感染拡大防止により、飯盛山のライトアップや願掛けろうそくなどのイベントは中止になりました。

この記事では、愛知県で人気の紅葉スポット「香嵐渓」の、2020年の紅葉の見どころ、アクセスや駐車場情報も併せてご紹介します。

2020年は「紅葉まつり」ではなく「命名90周年の香嵐渓」として、紅葉を楽しむようになりました。いつもと違う香嵐渓が発見できるかもしれませんね。

スポンサーリンク

香嵐渓の紅葉の見所は?

豊田市香嵐渓のライトアップ

香嵐渓は愛知県豊田市足助町にある巴川が作る渓谷で、愛知高原国定公園の一角になります。昭和5年に「香嵐渓」と名付けられて、2020年は命名90周年になります。

巴川両岸に約4,000本の紅葉が植えられていて、紅葉の季節にはあたり一面を真っ赤に染める景色を見ることができます。

標高254mの飯盛山には11種類の楓が植えられています。イロハカエデ、ヤマモミジ、オオモミジ、ウラゲエンコウカエデ、コハウチワカエデなどが、11月の中旬ごろから見ごろになります。

飯盛山山頂までは傾斜がある山道で、片道15分ほどかかります。山頂からは足助城や町並みが一望できます。

命名90周年の香嵐渓
2020年11月1日(日)~11月30日(月) 常時開園
住所:愛知県豊田市足助町飯盛
ライトアップ:日没~21:00
飯盛山のライトアップは2020年は中止になりました。
※香嵐渓広場内・三州足助屋敷への入館は有料

赤い橋、待月橋(たいげつきょう)

豊田市香嵐渓の待月橋からの眺め
19年11月10日待月橋から

香嵐渓のシンボル待月橋は、雑誌などでもよく取り上げられる、巴川にかかる赤い橋で、飯盛山の全体を見渡せる撮影スポットです。

河原に下りることもできるので、紅葉を眺めながら持参したお弁当を食べるのもアリですよ。川のせせらぎと、紅葉で覆われた赤い山、澄んだ青空だったら最高です。

飯盛山側には「五色もみじ」と呼ばれるもみじがあり、赤・橙・黄・黄緑・緑の5色の紅葉を楽しむことができます。

もみじのトンネル

巴川沿いで香積寺までの参道は、背の高いモミジが連なっていて、まるでトンネルをくぐっているかのようです。

夕暮れ時は、夕日がモミジの隙間から照らし、自然のライトアップのよう。見上げると夕日で赤く照らされたモミジが、赤いトンネルを作ってくれます。

つり橋の香嵐橋

豊田市香嵐渓の香嵐橋

香嵐渓東側にある赤いつり橋。朝日が当たるので、午前中は紅葉がスポットライトを浴びているような鮮やかな色を見せてくれます。

※2020年11月のみ、足助屋敷からつり橋に向かう途中に「薫風亭(くんぷうてい)」がオープンします。トヨタホテルキャッスルの洋食レストランで、ランチやデザートがいただけます。

テラス席もあるので、外の風景を眺めながら、おいしいランチをいただくのも素敵ですよね。

ランチタイムは11:00~15:00(ラストオーダーは14:30)、白身魚のパートブリック包み、チーズ焼きビーフシチューなどのメニューがあり、オリジナルカレーパンをテイクアウトすることもできます。

ぜひ、立ち寄ってみてくださいね。

三州足助屋敷

豊田市香嵐渓の三州足助屋敷

三州足助屋敷は明治から昭和30年頃の農家を再現した、皮葺き屋根のお屋敷です。入口の茶屋では五平餅が焼かれていて、香ばしいにおいがあたりに漂っています。

足助町ではすっかり名物の五平餅は、お店によって味噌や醤油のたれが違うので、食べ比べしてみてもいいかもしれませんね。

屋敷内では実際に使われていた道具で味噌を仕込んだり、梅干を作ったり、機織りやわら細工をしたりなどの体験ができる民族資料館になっています。

三州足助屋敷
入館料:大人300円 高校生以下100円
営業時間:9:00~17:00(入場は16:30まで) 11月は無休

香嵐渓で食べ歩き

豊田市香嵐渓のもみじ饅頭衣揚げ

毎年、香嵐渓広場ではもみじまつりの時期だけやっている刀削麺(とうしょうめん:大きな刃の包丁で麺を削ぎ落して、鍋に放り込んでいく麺料理)が大人気。身体がとってもあったまるんです。

スポンサーリンク

でも、2020年は刀削麺(中国菜寒館)の特設ブースはないとのこと。とっても残念です。

宮町駐車場から待月橋の間にあるお店では、もみじ饅頭の衣揚げやイノシシ汁、五平餅などの出店が並んでいます。ソーシャルディスタンスを保ちながら、食べ歩きも楽しんで下さいね。

※写真↑は、2019年の「香嵐亭」のものです。

香嵐渓への行き方は?

豊田市香嵐渓の色づき始めたもみじ

香嵐渓へのアクセス電車バスでの行き方

香嵐渓へ公共交通機関で行くには、ちょっと不便です。

名鉄名古屋本線「知立駅」から名鉄三河線に乗り換えて「豊田市駅」下車、 名鉄バス八並線(足助行き)で( 約40分800円)「香嵐渓」下車。

または、名鉄名古屋本線「東岡崎駅」下車、北口のバルターミナル4番乗り場から、名鉄バス岡崎・足助線(足助行き)で(約70分800円)「香嵐渓」下車。※平日の東岡崎駅へ戻るバスは、19時以降の運行はないので注意してくださいね。

2020年11月7日(土)~30日(月)の期間中は、愛知環状鉄道八草駅から香嵐渓への直行バス(約60分1,000円)が運行されます。バスの運行時間を確認してからお出かけくださいね。

香嵐渓へのアクセス車での行き方

東海環状自動車道「豊田勘八IC」下車、国道153号線を東へ、もしくは東海環状自動車道「豊田松平IC」下車、県道39号を東へ向かいます。

または、東名高速道路「名古屋IC」から名古屋瀬戸道路「長久手IC」下車、猿投グリーンロード「力石IC」から国道153号で約20分です。

紅葉シーズンの国道153号は午前中から渋滞しています。 駐車場がなくて、仕方なく車窓から見て帰ってきた、という話は珍しくない話です。

ライトアップの時間帯はさらに渋滞がひどくなるのですが、2020年はライトアップがないため、お昼前後から渋滞が発生するのではないかと予想されます。

香嵐渓の駐車場は?

豊田市香嵐渓の紅葉したもみじ

香嵐渓周りにある常設の駐車場は、1日1,000円(11月以外は500円)です。

  • 宮町駐車場:200台(バス優先) 名古屋方面から一番近い駐車場
  • 支所前駐車場:120台 豊田市足助支所の駐車場
  • 西町第1駐車場:30台、西町第2駐車場:70台
  • 川見駐車場:100台 三州足助屋敷の対岸にある駐車場
  • 落部駐車場:60台 国道425号沿いにある駐車場
  • 足助中央駐車場:90台 足助小学校前にある駐車場

2019年は臨時駐車場として、足助小学校・中学校・足助グラウンドが土日のみ(日にち限定)解放されました。香嵐渓前の道を通らず、足助バイパスから迂回していくと早いです。

岩上駐車場は香嵐渓の手前にあるので、ここが開いていたら駐車しちゃって下さいね。香嵐渓の周りの駐車場は、行くも帰るも渋滞必至。手前の方が渋滞の時間が少なくなりますよ。

2020年の臨時駐車場の情報です。

  • 岩上駐車場(足助警察署横):400台 国道153号で香嵐渓へ向かう手前にあります。混雑状況によって開設されます。
  • 足助小学校:(200台)開設されません。
  • 足助中学校:(150台)開設されません。
  • 足助グラウンド:400台 開設予定日は、11/14(土)・15(日)・21(土)・22(日)・23(月祝)・28(土)・29(日)

豊田市足助観光協会のHPで、渋滞情報や駐車場の混雑状況を確認することができます。

※民間の駐車場もちらほらあります。2019年に見つけたところの料金は800円でした。

さいごに

豊田市の香嵐渓のもみじの見どころと、アクセスや駐車場情報をご紹介しました。

昨年は11月10日に香嵐渓へ出かけたんですが、紅葉にはまだ少し早く、赤くなってるモミジがちらほらあるくらい、色づきはじめた頃でした。

14時頃駐車場に到着しましたが、宮前駐車場にはまだ空きがありました。名古屋方面へお帰り渋滞なのか?2Kmほどの車の列ができていました。

11月後半に見ごろを迎える香嵐渓、渋滞を少しでも避けるなら、午前中の早い時間に行く、平日に行く、バスツアーに参加する、など月並みのご提案しかできませんが…1年に1回の紅葉を、楽しんでくださいね。

香嵐渓が含まれたツアーも用意されています↑。

香嵐渓に行ったら寄りたい!周辺の紅葉スポット関連記事もありますので、ぜひご覧になってみてくださいね。
小原四季桜のアクセス駐車場と見ごろはいつ?2020年のまつりは中止になりました

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました