名古屋ノリタケの森のアクセスと見どころは?イオン建設中で駐車場が移転!

博物館・工場見学

名古屋駅から歩いて15分ほどのところにある「ノリタケの森」は、明治37年創業で、日本を代表する陶磁器メーカー「ノリタケ」の、ミュージアムや体験工房、レストランが集まる複合施設です。

静かな木々の間には古い窯が残り、街の喧騒から離れて、のんびりお散歩するのに最適な場所なんですが、現在は敷地が高い塀にさえぎられて、塀の向こう側は大きな建物が建設中です。

この記事では、

  • ノリタケの森のアクセスと移転した駐車場
  • ノリタケの森の見どころ
  • ノリタケの森の隣に建設中のイオン

についてご紹介します。

イオンがオープンすると、ノリタケの森周辺はにぎやかになりそうです。静かにのんびり…の雰囲気は今のうちに味わっておいてくださいね。

スポンサーリンク

ノリタケの森へのアクセスと駐車場は?

名古屋ノリタケの森のクリスマス風景

ノリタケの森へ公共交通機関での行き方

名古屋駅からノリタケの森へのアクセスは、地下鉄・バス(メーグル)・徒歩で行くことができます。

名古屋駅から地下鉄で行く

地下鉄東山線に乗り「亀島駅」で下車、2番出口から東に向かい、輪ノ内町の交差点で左折すると、ノリタケの森イーストゲートがあります。

名古屋市営バスで行く

名古屋駅バスターミナル6番乗り場から、名駅13系統上飯田行きで「ノリタケの森」下車
乗車時間:3分 
料金:1乗車 大人(中学生以上)210円・小学生100円(税込)

名古屋観光ルートバス「メーグル」で行く

名古屋駅バスターミナル11番乗り場から、「メーグル」で「ノリタケの森」下車
乗車時間:約15分 メーグル運行日は火~日曜日(年末年始は運休)
料金:1乗車 大人(中学生以上)210円・小学生100円(税込) 1DAYチケット 大人500円・小学生250円(税込)

メーグルの1DAYチケットを提示すると、ノリタケの森クラフトセンター・ノリタケミュージアムの入館料が50円引きになります。

名古屋駅から徒歩で行く

名古屋駅桜通口から600mほど北へ向かい、牛島町交差点を斜め右方向へ行きます。150mほど進むと、ノリタケの森イーストゲートがあります。

ノリタケの森の駐車場は移転しています

園内にあったノリタケの森の駐車場は、「ノリタケの森」のノースゲートから西に少し行ったところに用意されています(165台)。

駐車場から一番遠い「ノリタケの森クラフトセンター」までは10分ほど歩きます。

駐車場料金:30分100円・上限1,000円(税込) 5,000円以上のお買い物で終日無料
(ノリタケの森ギャラリーや野外イベントでのお買い物は、駐車場料金無料対象外)
利用時間:9:00~19:00 レストラン専用駐車場は11:00~19:00
駐車場住所:名古屋市西区則武新町2-11

※情報が変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認くださいね。

スポンサーリンク

ノリタケの森には何がある?見どころは?

名古屋ノリタケの森の看板

ノリタケの森ウェルカムセンターでは、ノリタケの歴史や技術について、ビデオ映像やパネルで紹介しています。

クラフトセンターの1,2階では、陶磁器の製造工程を見学したり、職人さんの絵付け作業を見ることができます。職人さんのハンドペインティングの技には、目が離せなくなっちゃいますよ。

2階の絵付け体験コーナーでは、真っ白なお皿やコップに絵を描いてオリジナル作品を作ることができます(有料1,800円~・所要時間は1時間30分ほど)。

ボールペンで下書きをして色を塗るんですが、いざ描こうと思うと手が止まってしまうんですよね。

そんな方が多いのか、下絵が描かれたプレートも用意されています。これなら色を塗るだけなので、失敗はなさそうです。作品は焼き上げて、後日郵送で自宅へ届けてもらえます。

3,4階は「ノリタケミュージアム」、明治時代に作られた豪華な花瓶など、歴史的なオールド作品が展示されています。食器として使うには恐れ多い、美術品のような食器が並んでいます。

クラフトセンター・ノリタケミュージアムのみ有料
入館料:大人500円(税込)(65歳以上300円) 高校生以下無料
開館時間:10:00~17:00 ※2021年3月末まで休館
名古屋ノリタケの森の赤レンガの工場前

明治37年に建てられた日本陶器最初の工場、赤レンガの作りの建物が並んでいます。なんだかとってもフォトジェニックですよね。

ノリタケの食器で創作フレンチ料理が楽しめるレストラン「キルン」や、ノリタケの食器を購入できる「ノリタケスクエア名古屋」もあります。

5本の煙突が立ち並ぶ煙突広場では、小さな子供たちが芝生を駆け回っていました。クリスマスシーズンには、高さ14mの巨大なクリスマスツリーが登場して、すてきなイルミネーションを見せてくれます。

※ノリタケの森「ノリタケスクエア名古屋」にある「カフェ・ダイヤモンドデイズ」は現在休業中です。ショップとともに2021年秋にリニューアルオープンの予定になっています。

ノリタケの森
住所:名古屋市西区則武新町3-1-36
定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始
営業時間:ショップ&カフェ 2021年の秋頃(予定)まで休業
ノリタケの森ギャラリー 10:00~18:00
レストランキルン 11:30~16:00
※館内へは飲食物の持ち込みは不可。

ペット(犬)と一緒に入ることはできますが、屋内と芝生エリア、日陶神社周辺、レストランキルンは立ち入り禁止です。リードをつけて、マナーを守って同伴するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

ノリタケの森の隣にイオンを建設中

名古屋ノリタケの森の隣にできるイオンの完成予想図

現在、ノリタケの森に隣接するエリアは、2021年秋にオープン予定のイオンモールが建築中です。

今までのイオンと違うのは、上層階(4階〜6階)は賃貸オフィスフロアになるんです。名古屋駅からも近いこのエリアで、日本最大級のオフィスフロアが誕生する、と話題になっています。

今の時代に合わせて、密にならないようにエレベーターだけでなく、エスカレーターや階段でアクセスできる、窓が解放できる、などの感染症対策も万全なオフィスです。

※名古屋外国語大学サテライトキャンパスがオフィスフロア6階に開設されると発表がありました。

イオン3階には健康診断が受けられる医療施設やフィットネス、ヨガなどのレッスンも受けられるカルチャーセンターなど、働く人たちの健康やくつろぎも提供してくれます。

具体的な店舗情報は未定ですが、郵便局や託児所、コンビニ、コインランドリーや美容院まで、入る予定なんだとか。こんなイオンが近所にあったら嬉しいですよね。

現在、ノリタケの森とイオン建築エリアの間には高い塀が作られていて、イオン側は見えないようになっています。2021年のオープンが楽しみですね。

さいごに

ノリタケの森のアクセスと駐車場、見どころと、2021年の秋にオープンするイオンについてお伝えしました。

ノリタケの森は、バスでも徒歩でも行ける距離にあり、ふらりとお散歩するには最適です。新しいタイプのイオンがオープンしたら、ショッピングの合間にノリタケの森を観光できちゃいます。

でもでも、静かな森を散策できるのは来年の夏ごろまで、になりそうです。ゆっくり歩くなら今のうちにお出かけくださいね。

error:Content is protected !!