セントレアのフライトオブドリームズの行き方駐車場は?飛行機博物館の楽しみ方

フライトオブドリームズの看板とボーイング747博物館・工場見学

中部国際空港セントレアに2018年10月に開業したFRIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)ってご存じですか?

吹き抜けになった建物の中央にボーイング787初号機が丸ごと収納されていて、本物の飛行機の目の前で遊んだり、食事したり、買い物ができる、新感覚の飛行機博物館です。

この記事では「フライト・オブ・ドリーム」の行き方と駐車場、フライトパークの料金、営業時間、楽しみ方についてご紹介します。

これを読めば、やり残すことなくめいっぱい、フライトオブドリームズ博物館を堪能することができますよ!

スポンサーリンク

フライト・オブ・ドリームズへの行き方と駐車場

電車・バスでセントレアにアクセス

フライト・オブ・ドリームズは中部国際空港セントレアのある空港島にあります。

名鉄名古屋駅から名鉄空港線中部国際空港行に乗車、終点「中部国際空港駅」で下車します。ミュースカイなら名古屋からセントレアまで28分、特急なら35分です。

ミュースカイ・特別特急・特急の特別車(座席指定)を利用の場合は、特別車両券360円が別途必要です。

名鉄バスセンターからセントレアリムジンバスで行くこともできますが、1時間半くらいかかり、料金も電車より高いので、電車のほうがおすすめです。

「中部国際空港駅」の改札を抜けたところが「アクセスプラザ」です。右側が第1ターミナルです。左側の立体駐車場P1(A~G駐車場)方面へ向かいます。

アクセスプラザからは結構距離がありますが、動く歩道が設置されているので、見た目よりは早く到着できますよ。フライト・オブ・ドリームズの3階に到着します。

※第2ターミナルから連絡通路で直結していて、徒歩1分くらいで行けちゃいますよ。

車でセントレアにアクセス・駐車場は?

セントレア空港へ車で行く場合は、セントレア大橋(中部国際空港連絡道路・有料)を目指してくださいね。橋を越えて道なりに進んでいくと、駐車場に入ることができます。

セントレア東IC~りんくうIC(片道)の料金
普通車:210円
大型車:310円
特大車:490円

空港島の駐車場

セントレアの駐車場は7,800台あり、普通車は1時間300円、1日最大料金は1,600円です。フライト・オブ・ドリームズに一番近い駐車場は、P1のA棟またはP3のS・U駐車場です。

中部国際空港へ徒歩で行ける民間の駐車場もあります。

住所・駐車台数料金
東横イン
中部国際空港パーキング
常滑市セントレア4-2-5
1,045台
30分100円
1日1,000円
タイムズ
セントレア空港東
常滑市セントレア町4-11
253台
6時間880円
タイムズ
セントレア空港東第2
常滑市セントレア町4-10
255台
6時間880円
タイムズ
セントレア空港東第3
常滑市セントレア町4-19
231台
6時間600円

東横インの駐車場は高さ2.1m まで、先着順になっています(予約不可)。料金の安さで選ぶなら、東横インの駐車場がおすすめです。

イオン常滑からシャトルバスで

セントレアの対岸にあるイオンモール常滑からセントレアまで、無料のシャトルバスが毎日運行しています。約15分ほどで到着します。

イオンモール常滑「常滑のれん街」入り口横の専用バス乗り場、セントレアのアクセスプラザ1階空港バス乗り場9番から乗車します。

イオンモールの駐車場は最初の4時間が無料、以降30分300円です。「マーゴの湯」に入浴すると営業終了時間まで無料です。(駐車場利用時間は7:00~24:00)

駐車台数は4,000台と多く、セントレア大橋を超える料金がかかりません。イオンに駐車してセントレアで遊んだ後、イオンでお買い物してもいいですね。

※情報が変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認くださいね。

フライト・オブ・ドリームズの料金と営業時間

料金
大人(中学生以上):1,200円 子ども(3歳以上):800円
※Webサイトで前売り券を販売しています。(入場料金は当日券と同じ)
営業時間
フライトパーク:10:00~17:00(土曜日は~19:00)
シアトルテラス:10:00~22:00

ボーイングの新型航空機「787ドリームライナー」、その試験飛行用に作られた初号機が、2015年にその役割を終えて、セントレアに寄贈されました。

真ん中にデンっ!と置かれているボーイング787の大きさに、びっくりしちゃいますよ。機体の全長は56.7m、高さは約17m。高さ1.7mの台座に設置されていて、機体の下も見る事ができます。

外から見るだけで満足しちゃいそうですが、まずは1階まで降りてみてくださいね。1階に下りると、チケットカウンターがあります。

フライト・オブ・ドリームズは2つのエリアに分かれています。

フライトパーク(1階):有料の展示エリア。
シアトルテラス(2階3階):ボーイング創業の街「シアトル」をイメージした、飲食店街。

シアトルテラスは入場無料、2階はフードコート、3階はスタバやレストラン、コンビニや雑貨などのお店があります。飛行機を間近に見ながら、翼の下でくつろぐなんて、乙な感じですよ。

フライトパークは再入場が可能です。食事をしたり、トイレに行くときは、忘れずに入場ゲートでハンドスタンプを押してから外に出てくださいね。

フライト・オブ・ドリームズの見どころは?

プロジェクションマッピング

定期的に行われる「Fly with 787 Dreamliner(フライ ウィズ 787 ドリームライナー)」は、空間を使ったプロジェクションマッピング。毎時15分と45分に行われます。

スポンサーリンク

たくさんの天燈の中を飛んだり、花火が上がったり、幻想的な光のラインの中で花が咲いたり、音楽とともに色とりどりの光がボーイングの周りを彩ります。

入場ゲート正面奥にあるカウンターで整理券を発券してもらうと、4階観覧エリアからマッピングを見る事ができます。全体を見る事ができるので、階下で見るよりもきれいに見えます。

入場したら、まずは整理券をゲットしてくださいね。※4階までは階段でエレベーターはありません。階段で上がります。

ボーイング787のコックピット

展示されているボーイングのコックピットをガラス越しに見る事ができます。いっぱいボタンやスイッチが付いている、最新鋭のコックピット。左が機長席、右が副操縦士席です。

ボーイング787初号機は飛行試験機のため、後部に客席はついていないそうです。外側のコックピットの左右の窓下には最初に乗ったパイロットさんのサインが書かれています。

体験型アトラクション

奏でる!紙飛行機

用意されている紙で飛行機を折り、光のゲート空間に飛ばすと、紙飛行機を検知して光が変化し、音が奏でられます。

子供たちが どう折れば遠くまで飛ぶのか考えながら、いくつも飛行機を折ってチャレンジしていました。

お絵かき飛行機

用意されている4種類の飛行機から好きなタイプを選び、色を塗ります。その飛行機をドームの前でスキャンすると、自分の飛行機が滑走路に出てきます。

動いていく飛行機を追って暗いドームに入り、貸し出されるスマートフォンを左右に動かして、飛行機を操縦します。

とにかく派手な色で塗った方がいいですよ。自分の飛行機がどこにあるのかわからなくて、結局最後まであれかな?これかな?って探しているうちに終わっちゃいました…。

エアラインスタジオ

架空の世界で航空会社の仕事を体験できます。塗り絵で書いたキャラクターをスキャンしてもらうと、そのキャラクターがお客さまになってくれます。

パイロット、CA(キャビンアテンダント)の制服に着替えて、周囲の映像が切り替わるスタジオで、様々な仕事をなりきり体験ができます。

整備士は飛行機の点検や部品交換、CAはお客さまを空港から飛行機に案内したり、飛行機の中でアナウンスやドリンクサービスしたり。CAや機長になる夢を叶えることができちゃいます。

お仕事体験をしている姿を、写真や動画で撮影も可能ですよ。制服は160サイズまで用意されていて大人でもOKなんですが、チャレンジするのは…ちょっと(かなり)恥ずかしいですね。

787のシミュレーター

ボーイング787のコックピットを再現したシミュレーターで、インストラクターの指導を受けながらフライト体験ができます。事前予約で別途料金が必要です。

コックピットに座って写真撮影のみ(5分)1,100円から、操縦15分3,300円、30分12,650円、60分18,700円と、90分まで設定されています。

中部国際空港から関西国際空港まで、羽田空港まで、などパターンと時間、天候を選択することができます。

無料体験ができる抽選もあります。チケットカウンターまたはシミュレーター受付で確認してくださいね。

シアトル航空博物館ワークショップ

シアトルの航空博物館の教育プログラムを、工作や実験を通して学べるワークショップです。受付制なので、コンテンツ受付で体験申し込みをしてくださいね。(不定期開催で、ワークによって推奨年齢があります。)

※ワークによっては参加料(数百円程度の材料費)がかかる場合があります。

そのほかにも、ボーイングの組み立ての製造過程が学べる「ボーイングファクトリー」、スマホアプリを使って飛行機のパーツを完成させる「歩いて集める飛行機図鑑」があります。

ボーイングストアのお土産

フライトパークの出入り口前にあるボーイングストアでは、文房具やTシャツ、お菓子などボーインググッズがたくさん販売されています。デザインがアメリカンでとっても素敵です。

何十万円もするボーイングの部品(窓枠とか、どこかのハンドルとか)も販売されていました。マニアさん大興奮のグッズ…なんでしょうね。

ボーイングの缶に入ったクッキーと消しゴムを購入しました。マグカップやボーイングがデザインされたマルチカードケース(ラゲッジタグにもなる)、メモ帳などなど、見るものみんな欲しくなっちゃいますよ。

さいごに

「フライト・オブ・ドリーム」の行き方と駐車場、フライトパークの料金、営業時間、楽しみ方についてお伝えしました。

フライトオブドリームズの滞在時間は、ワークショップやフライトシミュレーションを体験しなければ、1時間~2時間くらいあればいいと思います。

3階のスタバで機体やプロジェクションマッピングを眺めながら、のんびり休憩したり、お土産物を見たりして、トータル3時間くらい滞在しましたが、子供じゃなくても楽しめました。

どこにいても目に入る、圧倒的な大きさのボーイング747と、最新型の体験できる航空博物館をぜひ堪能してみてくださいね。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました