ジブリパーク無料エリアでチケットなくても楽しむ方法は?グッズ売り場はココ!

2022年11月1日にオープンしたジブリパーク、入場するには日時指定のチケットが必要なんですが…なかなかチケットを入手することができません。先着順になっても、競争率は高いですよね。

この記事では、ジブリパークに入れなくても無料エリアでジブリを感じられる場所や、お土産の帰る場所、モリコロパークのかわいいキャラクターをご紹介します。

入場できなくても外観を見ることはできるので、ジブリパークの雰囲気だけでも味わってみてくださいね。

スポンサーリンク

ジブリパークをチケットなしで楽しむ方法

モリコロパークに残された忘れ物を探す

愛・地球博公園のベンチにさりげなく置かれたジブリ作品のアイテムのオブジェ「忘れ物」、全部で15か所あるんですが、意外と見つけられないんです。茶色のベンチを探してくださいね。

  • 「コクリコ坂から」学生カバンと学生帽
  • 「紅の豚」空賊のドル袋
  • 「耳をすませば」雫のカンカン帽と本
  • 「となりのトトロ」メイの麦わら帽子ととうもろこし
  • 「崖の上のポニョ」宗助のバケツとポンポン船
  • 「ゲド戦記」のアレンの剣
  • 「平成狸合戦ぽんぽこ」のでっかい狸の置物

学生カバンと学生帽は、「青春の丘」地球屋の南側(はす池の北側)にありました。あとはぜひ、モリコロパーク内を歩いて、見つけてくださいね。

エレベーター塔でジブリの世界に入ってみる

ジブリパークのエレベーター塔

愛知記念公園の北口ゲートからまっすぐ進むと、エレベーター塔が見えてきます。

19世紀末の空想科学の世界からデザインされたエレベーター塔は、誰でも利用することができます。①と②の2つのエレベータで、時間移動するような感覚を味わってみてくださいね。

エレベーター塔で下に下りた左側の道を行くと、地球屋の前に行くことができますよ。

「青春の丘」の地球屋は目の前で、「どんどこ森」のサツキとメイの家は展望台から、外観はチケットなしでも見ることができるので、近くまで行ってみてくださいね。

ジブリパークのベストショットを探す

ジブリパークのどんどこ森へ抜ける楼門

モリコロパーク内では、季節ごとにいろんな花や植物を楽しむことができます。

どんどこ森へつながる近道の楼門は、ススキと秋の花に彩られていました。季節の花によって、雰囲気が変わりますよね。

「千と千尋の神隠し」の不思議の世界への入り口のような稲楼門(とうろうもん)は、チケットなしでも入ることができます。楼門の先には「石人」の姿もありますよ。

ジブリパークのジブリの大倉庫

写真↑は、キバナコスモスの向こうに見えるジブリの大倉庫。

青春の丘「地球屋」の南側にある「はす池」では、池に写った地球屋を写真に撮ることができます。桜の木と地球屋のコラボもステキですよ。

地球屋とエレベーター塔と大観覧車を1枚に収まるように写真を撮ったりするなど、自慢できるベストショットをとらえてみてくださいね。

※チケットはなくても、地球屋の正面まで行ったり、「サツキとメイの家が見える展望台」からサツキとメイの家を見ることができますよ。

「ロタンダ風ヶ丘」でジブリ土産が買える!

ジブリパーク北口ゲート

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)とジブリパークのメインゲートは高さ約6m、4本の柱には公園の歴史を示すオーナメントが刻まれています。

1970年:愛知青少年公園として開園
2005年:愛・地球博が開催
2006年:地球博跡地が公園として整備され開園
2022年:ジブリパークがオープン

中央ゲートをくぐった左側には、ショップとカフェの「ロタンダ 風ヶ丘」がオープンします。

約20か国の世界のお菓子やおもちゃのほかに、「ジブリの大倉庫」に売られているお土産の一部と、ここでしか購入できないジブリグッズも販売されています。

「ハウルの動く城」のソフィーの帽子、「魔女の宅急便」のウルスラの帽子、「耳をすませば」の月島雫の帽子、「となりのトトロ」のメイちゃんの麦わら帽子(帽子の中に草壁メイの名前入り!)など、ジブリ作品のヒロインたちの帽子がいっぱい!

現在は女性用の帽子だけなんですが、今後は男性用の帽子も販売される予定があるんだとか(ラピュタのパズーの帽子とか?風立ちぬの二郎の帽子とか?)。 とっても楽しみですね。

キャラクターのぬいぐるみやTシャツ、文房具、手ぬぐい、ピンバッジなどがあるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

「ロタンダ風ケ丘」のロゴが入った商品は、ここだけのオリジナル商品です。

ゲートをくぐった左側に「ロタンダ風ヶ丘」、中央は「北口案内所」、右側はコンビニとトイレです。

コンビニ(ローソン)でも限定品が買える!?

コンビニ「ローソン」に入ったら、まず天井を見上げてください。森の図柄になっていて、その中にまっくろくろすけが隠れていますよ。

店内の柱には、宮崎吾郎監督のサインが。開園前日に監督自ら書いてくださったんだとか。これは必見!ですね。

ローソンの中にも文房具や本などのジブリグッズが販売されています。ここでしか手に入らないのは、ジブリパーク開園記念のフレーム切手(スタンド付き)、WEBで予約販売していますが、発送は2023年2月です。

すぐに手に入れたい!なら、こちらのローソンで購入してくださいね。

ゲートなどにつけられた三角の旗に描かれている「A」の横棒が飛び出したマークは、「A」に「一(いち)」を合わせて「あいち」って意味なんだそうですよ!

どんどこ処でトトロ関連のお土産が買える!

ジブリパーク「どんどこ森」ちかくの「どんどこ処」

西駐車場から日本庭園を抜けて、どんどこ森へ向かう途中にある「どんどこ処」では、ジブリパークオリジナルの「極ふつうのラムネ」のほか、トトロの関連グッズを購入することができます。

木で作ったドングリ型のバードコールや、トトロの描かれた手ぬぐい、トトロが描かれたカサなど、種類は多くないんですが、他では見ないようなグッズがあるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

スポンサーリンク

モリコロパークのかわいいキャラクターたち

モリコロパーク地球市民交流センターを上からのぞく鳥?

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)は、大観覧車があるファミリー愛ランドやこどもの広場、アイススケート場、サイクリングコース、茶室のある日本庭園、野球場、体育館などなど、190ha(ヘクタール)の広さを持つ公園です。

東京ディズニーランドとディズニーシー合わせて100haと言えば、とっても広い公園だってわかりますよね。その中でジブリパークは(たったの)7.1haです。

公園内には愛・地球博のキャラクターになった森の精、森のおじいちゃん「モリゾー」と森のこども「キッコロ」があちこちに潜んでいます。

児童総合センターには草刈ヤギのハイジ、ハイジのこどものアイちゃん(メス)とハク(オス)が放し飼いになっていて、黙々と草を食べて除草しています。

地球市民交流センターの無料休憩所には、オラウータンやヒョウがいたり、地球市民交流センターの上から雪だるまが覗いていたり、ジブリキャラにも負けない愛嬌で和ませてくれています。

モリコロパークのかわいいキャラクターたちも、見つけてあげてくださいね。

※モリコロパークでは、季節の行事や、子供向け・大人向けの教室や講座、花の見頃に合わせたフェスタなど、人気のイベントが随時開催されています。

無料や数百円の料金で参加できるので、ぜひイベントもチェックしてみてくださいね。
モリコロパークのイベントに関してはこちら

↓ジブリパークのチケット付き旅行プランなら、抽選なしでチケットを手に入れることができますよ↓

>>JTBでジブリパークチケット付きホテルを確認する
スポンサーリンク

さいごに

ジブリパーク(愛・地球博記念公園)でチケットなしでも楽しむ方法についてお伝えしました。

でも…正直に言えば、チケット持って並んでる人を見ると「いいなぁ~」ってめちゃくちゃ羨ましく思っちゃいます(笑)。

12月以降で土日祝日はムリですが、平日ならチケットが販売枚数に届いていない日があります。行けそうな日があれば、チケットを確認してみてくださいね。

>>ジブリパークがある長久手市の観光スポット情報はこちら【楽天たびノート】
error: Content is protected !!