稲沢市梅まつり2022年の開花状況と見頃は?イベントとアクセス駐車場もご紹介!

お祭り・イベント

稲沢市にある愛知県植木センターには104種、約200本の梅の木があり、2月下旬から可憐な花を咲かせます。梅の花が咲き始めると、寒い冬の終わりを感じますよね。

梅の見頃時には河津桜や椿も咲き、一足先に春の訪れを感じることができます。

この記事では、稲沢市の梅まつりの開花状況やイベント、アクセス駐車場についてご紹介します。

春の兆しを感じる梅まつりへぜひお出かけくださいね。

スポンサーリンク

稲沢市の梅まつり2022

梅まつりの開花状況と見頃は?

稲沢市植木センターの梅

愛知植木センターへ2月27日に行ってきました。梅園の数本は花を咲かせていましたが、ほとんどがつぼみの状態で、全体的には2~3分咲きって感じでした。

今年は寒い日が多かったせいか、全国的にも開花が平年より10~13日ほど遅れています。

梅まつりは3月5日(土)・6日(日)、温かい日が続くと開花が進むと思いますが、それでも3~4分咲きくらいかと予想されます。

梅の花の見頃は、3月の2週目以降になりそうです。

※梅の開花状況は、愛知県植木センターのHP内で確認することができます。

植木センター内の、梅園としだれ梅の場所は離れています。
しだれ梅:植木センター敷地内の一番北側
梅園:駐車場のすぐ北側
第16回いなざわ梅まつり2022
日時:3月5日(土)・6日(日) 9:30~16:00
※会場内での飲食禁止(屋台はありません)
※シャトルバスの運行もありません。
2/26~3/21の期間中は土日祝日も開門されます。

いなざわ梅まつり2022のイベントは?

稲沢市植木センターの梅

いなざわ梅まつりでは、下記イベントが予定されています。(新型コロナウィルス感染状況によって、中止される可能性があります。)

  • 特産品販売(ぎんなんういろうやぎんなんきしめん、まんじゅうなど)
  • 植木・苗木の販売
  • 郵便切手の販売
  • 子どもたちの和太鼓演舞(9:30~)
  • 梅まつり写真コンテスト・俳句大会入賞作品展(第15回)
  • 史跡尾張国分寺跡ウォーキングツアー(3月6日(日)10:00/13:00~・各回先着30名)

植木センターでは通常、樹木の販売は行われていませんが、梅まつりのときだけ、植木や苗木の販売が行われます。

スポンサーリンク

稲沢市梅まつりのアクセス駐車場は?

名古屋からJR東海道本線「稲沢駅」または名鉄名古屋本線「国府宮駅」で下車します。名鉄バス「稲沢中央線(矢合系統)」に乗り、「矢合観音」のバス停で下車します。

稲沢駅西口からバスに乗ると「矢合観音」は16番目のバス停です(国府宮駅からは8番目)。矢合観音のバス停から南へ1.5Km、20分ほど歩くと愛知県植木センターに到着します。

車の場合は、西尾張中央道(県道65号線)「梅須賀」の交差点を西に向かい、850mほど進むと、信号のない交差点の角に「愛知県植木センター ←」の案内柱が立っています。(儀町南橋の交差点より手前です。)

西尾張中央道「堀之内町」の交差点を西に650mほど進むと、「植木センター」にぶつかるので、そちらの方が分かりやすいかもしれません。左折すると駐車場の入り口があります。

カーナビを使うときは、「愛知県植木センター」で設定してくださいね。「稲沢市植木センター」で設定すると、福島町の「緑花木販売センター」に案内されちゃうので注意してください。

※緑花木センターから北へ1.2Kmほど行くと「愛知県植木センター」があります。

駐車場は150台分用意されています。

愛知県植木センター
住所:稲沢市堀之内町花ノ木29
電話番号:0587-36-1148
利用時間:9:00~17:00
休日:土日祝日・年末年始
駐車場:150台
スポンサーリンク

さいごに

稲沢市の愛知県植木センターで行われる「梅まつり」の開花状況やイベント、アクセス駐車場についてお伝えしました。

梅まつり会場では、写真コンテストや俳句大会の作品募集も行われます。入賞作品は来年の梅まつりで展示される予定です。

感染症対策を万全に、春を伝える花たちを鑑賞してくださいね。

 
error: Content is protected !!