南宮大社の見どころとご利益は?ハイキングコースとアクセス駐車場も紹介!

岐阜県垂井町にある南宮大社岐阜県

岐阜県垂井町にある南宮大社は、朱塗りの社殿がとっても美しい、美濃の国の一の宮。鉱山と金属業の総本宮として崇拝されています。

全社殿は関ケ原の合戦の時に焼失してしまうのですが、美濃出身の春日局が、3代将軍徳川家光にお願いをして、再建されました。

この記事では、南宮大社の見どころやご利益、南宮山ハイキングコース、アクセス・駐車場についてご紹介します。

パワースポットいっぱいの南宮さんにお参りの際には、ぜひ、参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

南宮大社は見どころいっぱいのパワースポット!

南宮大社の楼門

岐阜県垂井町にある南宮大社の楼門

平安時代に創建された南宮大社は、関ヶ原の合戦(1600年)の時に焼失、その後1642年に3代将軍徳川家光が再建しました。再建にかかった費用などの資料が現在も残されていて、国の重要文化財になっています。

本殿、拝殿、高舞殿など15棟の社殿や石橋、石鳥居が7千両(約21億円)で再建され、370年以上たった現在も、朱塗りの荘厳な姿を見せています。

大きな朱塗りの楼門の前には、石輪橋が架かっています。輪のように丸い橋で、神様が通られる橋です。石輪橋の下手には人が参拝に行き来するための石平橋が架かっています。

岐阜県垂井町にある南宮大社の楼門の狛犬

楼門の表には、木造の右大臣と左大臣、裏には狛犬が門番として座っています。狛犬さんの吽形には真ん中に角が生えていました。比較的古い時代の狛犬さんですね。

南宮大社の境内

岐阜県垂井町にある南宮大社の高舞殿と拝殿

楼門をくぐると左手に手水舎があり、毎月1日と15日は「花手水」として、水盤に色とりどりの花が浮かびます。写真が貼られてあったんですが、とってもきれいです。

楼門の先には高舞殿、軒下には12支の丸彫りが飾られています。その奥に拝殿があります。

拝殿の左右には回廊があって、その先に入ることはできません。奥には本殿と左右に二宮から五宮まで並んでいます。本殿は素木造りで、朱塗りではなく、どっしり荘厳なたたずまいになっています。

毎年11月3日文化の日には、「宝物館」が一般公開されます。

日本には5本しかない、平安時代の名刀(のうちの1振)や、奈良時代の鉄製の鉾(ほこ:槍のようなもの)、室町時代の太刀などの刀剣と、胴丸(平安時代の鎧)や駅鈴(古代律令時代に朝廷から支給された鈴)、絵馬や絵画などを見ることができます。

南宮大社のご利益は?

この投稿をInstagramで見る

#花手水 #南宮大社

はらちよ(@harachiyo0423)がシェアした投稿 –

南宮大社は鉱山と金属業の神様なので、「金運」「財運」「勝負運」にご利益があると言われています。受験シーズンになると、入試や必勝祈願に訪れる受験生も多いそうです。

金運アップから「商売繁盛」、勝負運から「心願成就」、厄除け、良縁、安産などのご利益もいただけるそうです。人生の岐路に迷ったとき、心を正してくれるご利益もあるんだとか。

行くべき道に迷ったときにお参りすると、進むべき道が見えてくるかもしれませんね。

刀の形をしたお守り「御刀守(護身刀)」は、運を切り開く(困難に打ち勝つ)、悪運を断ち切るお守りとして、とっても人気があります。

南宮大社
住所:岐阜県不破郡垂井町宮代1734-1

朝倉山真禅院

岐阜県垂井町にある朝倉山真禅院

南宮大社から1Kmほど西へいくと、朝倉山真禅院があります。

かつて南宮大社境内の南側に建っていた三重塔、本地堂、鐘樓などの仏教関係の建造物は、明治維新の神仏分離のため、地元の人たちの手によって4年かけて移築されました。

お寺、なんですが、朱塗りの建物なのでちょっと違和感がありますよね。

朱塗りの鐘楼も、変な感じがします。梵鐘は奈良時代に作られた東海地区最古のもので、除夜の鐘のとき以外は撞くことができないそうです。

スポンサーリンク

梵鐘の北側には、北条政子が源頼朝の菩提を弔うために寄進した鉄塔も残されています。

岐阜県垂井町にある朝倉山真禅院の三重塔

高さ25.38mの三重塔。春には薄墨桜やソメイヨシノに囲まれて、優美な風景を見せてくれます。

※表参道の階段前に、朝倉寺専用駐車場(無料)があります。駐車場にトイレもあります。

朝倉山真禅院
住所:岐阜県不破郡垂井町宮代2006

南宮山ハイキングコース

岐阜県垂井町にある南宮大社の瓦塚

南宮山ハイキングコースは、南宮大社裏にある東蛇溜池から、関ヶ原の合戦時の毛利秀元陣所跡がある標高404mの展望台まで登って、西蛇溜池まで下りる全長3800mのコースです。

南宮大社の南門を出て右(西)に曲がると、南宮稲荷神社に続く参道があります。その途中には、南宮大社の社殿に使われてきた古い瓦を祀った、瓦塚があります。

お役目が終わったたくさんの瓦が、積み上げられていて、ねずみや布袋さま?も置かれています。

岐阜県垂井町にある南宮大社の百連鳥居

その先に百連鳥居が並んでいます。たくさんの鳥居をくぐって南宮稲荷神社にお参りした後、南側にあるハイキングコースの入り口へ向かいます。

登山口の入り口は鍵が付いた侵入防止策の扉が付いています。動物が外に出ないための柵なので、出入り後は必ず鍵を閉めてくださいね。野生動物に食べ物を与えないでください、と注意書きもあります。

展望台まで1時間のハイキングコース、つづら折りに曲がりくねって、丸太階段がひたすら続いています。一緒に扉をくぐった年配の女性の姿は、あっという間に見えなくなってしまいました…。

息も絶え絶えに上り続け、もう真ん中くらいまで来たよネ、と思ったときに目に入ってきたのは「三合目」の看板。…心がボキッと折れた音が聞こえた瞬間でした。

岐阜県垂井町にある南宮大社のハイキングコース

そこからはもう、上がらない足を引きずるようにして歩きました。ここは登りコースで、途中で下りコースとの分岐点があるので、そこまでは行こうと、ヘロヘロの身体に鞭打って上っていきました。

そして「4合目」の看板を見つけた時、へたり込んでしまいました。まだ半分以上も先があるなんて…。挫折しました。お手軽気分のハイキングコースじゃぁありません。

登りコースなのに、下りてくる方とすれ違ったときは「なんでかな?」と思ったんですが、きっと挫折組だったんですね。私も登ってくる方たちにあいさつしながら、登りコースを下りました。

片道1時間とありますが、相応の靴や飲み物を持参して、登るようにしてくださいね。展望台までには、一ツ松の旧跡や高山神社もあります。

いつか必ず、体力をつけてリベンジしたいと思います!

南宮大社のアクセスと駐車場は?

JR東海道本線「垂井駅」で下車し、南へ向かいます。JR東海道新幹線の高架下をくぐり、高さ21mの大鳥居をまっすぐ行くと、南宮大社に到着します。約15分ほど歩きます。

※垂井駅北口から垂井町巡回バス(さわやか号)で南宮大社まで行くことができますが、平日のみ9:00~16:00の間、毎時1本運行しています(1乗車100円)。

お正月の1月1日~3日は、JR「大垣駅」から名阪近鉄バス大垣宮代線で南宮大社まで行くことができます。季節運行便で3日間のみ、1日5便運行します。

車なら、名神高速道路「関ヶ原IC」から東へ約15分、「養老SAスマートIC」から北に約10分くらいで到着します。参拝者用(無料)駐車場は南宮大社楼門の北側にあります。

さいごに

南宮大社の見どころやご利益、南宮山ハイキングコース、アクセス・駐車場についてお伝えしました。

南宮大社の境内には椿(つばき)がたくさん生えているんですが、本殿の周りには白い花をつける「白玉椿」があり、ご神木とされています。

百連鳥居の参道の両脇も椿の木が並んでいます。3月の中旬くらいから咲き始め、いつもと違った華やかな雰囲気を味わえます。

ぜひ桜や椿の季節にも、お出かけしてくださいね。

南宮大社に行ったら寄りたい!周辺観光地の記事はこちらにあります。ぜひ、ご覧になってみてくださいね。
大垣城の入場料と見どころは?関ヶ原の戦いの石田三成本拠地の現在は?
墨俣一夜城から始まった秀吉の出世伝説!見どころとアクセス駐車場は?

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました