名古屋大須の清浄寺の矢場地蔵さまに願い事を!お寺カフェのランチがおすすめ♪

名古屋大須の清浄寺参道お寺・神社

名古屋大須の商店街から大津通りを挟んだ東側(大須4丁目)、市バスの「矢場町」バス停近くに、清浄寺表参道の石塔が立っています。

参道を通って進むと、清浄寺(しょうじょうじ)の本堂があり、さらに奥には高さ5mの巨大なお地蔵さまがいらっしゃいます。大きなお地蔵さまってあんまり見ないので、ちょっとびっくりしちゃいますよ。

この記事では、名古屋市大須の清浄寺の矢場地蔵さま、ジャンボ地蔵さま、お寺の敷地内にある古民家カフェのおすすめランチについてご紹介します。

ご本尊の矢場地蔵さまは、江戸時代から「お願い事をよく叶えてくださる」と有名です。ぜひ、矢場地蔵さまにお参りして、お願い事を伝えてみてくださいね。

スポンサーリンク

名古屋大須の清浄寺の矢場地蔵さま

名古屋市大須の清浄寺境内
お地蔵様と一緒にたぬきが並んでます。

1532年ごろ、この地には小林城があり、織田信長の妹と結婚した牧長清(まきながきよ)が住んでいました。長清は老後、仏門に帰依し、亡くなった後に小林城は廃城になりました。

その後、尾張藩2代藩主・徳川光友が徳川藩の祈願所として、「徳寿山 無量院 清浄寺(しょうじょうじ)」が建てられました。

ご本尊として置かれた地蔵菩薩さま(矢場地蔵さま)は、「お願い事を聞いてくださる」と参拝者が後を絶たなかったそうです。

名古屋市大須の清浄寺本殿
清浄寺の本殿

本堂は昭和32年に建てられた、鉄筋コンクリート造り。矢場地蔵さまは家内繁栄・延命長寿・交通安全の守護仏として信仰されています。

清浄寺
住所:名古屋市中区大須4-1-32
※駐車場はないので、気を付けてくださいね。

清浄寺のジャンボ地蔵さま

名古屋市大須の清浄寺の山門

本堂からさらに東へ行くと、六地蔵さまが並んでいます。さらに進むと、立派な葵のご紋が付いた東門があります。山門の瓦にも葵ご紋があしらわれています。

すごく威厳がある、立派で堂々とした山門ですよね。

※山門から道を挟んだ反対側には、久屋大通庭園フラリエ(旧ランの館)があります。現在は無料開放されていて、四季折々の花が咲き乱れる手入れされた公園は、結婚式の前撮りの写真を撮影する場所として大人気です。

スポンサーリンク
名古屋市大須の清浄寺のジャンボ地蔵さま

山門横の車道を上がって行くと、高さ5m、重さ35tのジャンボ地蔵さま(延命大地蔵菩薩さま)が立っていらっしゃいます。大きな石の中から現れたような、優しいお顔のお地蔵さまです。

清浄寺のカフェでランチがおすすめ

名古屋市大須の清浄寺境内にあるくつろぎ食堂Ami

清浄寺の敷地内には「くつろぎ食堂Ami」があり、野菜がたっぷりのおばんざいと、お肉かお魚のメイン料理が選べるプレートランチ880円(税込)が大人気です。

入り口で靴を脱いで上がります。先に注文して、お金を払ってから、席に座ります。古民家をリノベーションした室内は、アジアンチック(アフリカン?)な置物がたくさん並んでいます。

この日のメインは「チキンカツ」と「サバ味噌煮」でした。ご飯とお味噌汁、水(お茶もありました)、食後のコーヒーはセルフです。

名古屋市大須の清浄寺境内くつろぎ食堂Amiのランチ
サバの味噌煮を選びました

メイン料理に、サラダやおばんざいがセットです。以前はおばんざいバイキングだったんですが、新型コロナ感染予防対策として、現在はセットで提供されています。

おばんざいの味付けは薄めですが、懐かしいというか、優しい味で、素材の味をじんわりかみしめることができます。

室内が少し暗いせいか、時間の流れがゆっくり感じます。あわただしい毎日の中で、ここだけ時間の流れが違うみたい。お寺カフェで体に優しいランチ、おすすめです!

くつろぎ食堂Ami
電話番号:052-251-7721
定休日:第1・第3月曜日
ランチタイム:11:30~14:00

さいごに

名古屋市大須の清浄寺の矢場地蔵さま、ジャンボ地蔵さま、お寺の敷地内にある古民家カフェのおいしいランチについてお伝えしました。

お地蔵さまと一緒に並んでいるたぬきを見て、「しょしょしょうじょうじ~」の歌を思い出しました。「おいらの友達ぁぽんぽこぽんのぽん」のたぬきかしら?と思ったんですが…

あの歌のしょうじょうじは清浄寺ではなく千葉県の証城寺。まったく関連はなさそうです。でもなんでお地蔵様と一緒にたぬきの置物が並んでいるんでしょう???

大須にいらしたときは、ぜひ清浄寺まで足をのばしてみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました