名古屋城本丸御殿の見どころは復元された豪華な襖絵 音声ガイドで楽しんで!

名古屋城本丸御殿の彫刻欄間名古屋城

名古屋城の本丸御殿が、2018年から公開されています。

公開当時は400年前のきらびやかな御殿を見たい人たちが長蛇の列を作っていましたが、最近は比較的すんなり観光できるようになりました。

どこを見ても金ピカであでやかで、壁に描かれた虎はどう猛さをそのまま生き写しで、ここで座ってるだけでも落ち着かない、と思うのですが、当時はこれがステイタスの象徴だったんでしょうね。

この記事では、 完全再現された名古屋城本丸御殿の見どころをご紹介します。

この記事でしっかり予習してから見に行ってちょ~。いろんな発見があって面白いでよ~。

スポンサーリンク

名古屋城本丸御殿の見どころは?

本丸御殿とは?

名古屋城の本丸御殿の玄関

1615年に完成した本丸御殿は、尾張藩主の住居であり、藩の政庁(役所)でした。名古屋城築城の際に、徳川家康の命令で、江戸時代の当時でも先端技術を駆使して本丸御殿が作られました。

名古屋城初代城主は家康の9男、尾張徳川家初代の徳川義直。本丸御殿が完成したときに義直の婚儀が本丸御殿で行われたそうです。

けれど、義直さんは5年ほどここに住んだ後、「二の丸御殿」に引っ越しちゃいました。まぁ確かに、金ぴか御殿で落ち着かないというか、気疲れしちゃうような気もします。

その後は将軍様上洛の際の宿泊場所として利用されました。

1930年には名古屋城とともに国宝第1号に指定されましたが、1945年空襲により焼失してしまいました。1959年に名古屋城は鉄筋コンクリートで再建されましたが、本丸御殿はそのまま再建されないでいました。

2009年から復元工事を開始、残っていた江戸時代の図面や記録をもとに忠実に再現し、2018年に一般公開されました。約400年前と同じ光景を見ることができるんです。

ヒノキや貴重な木材を使って建てられた本丸御殿、入り口で靴を脱ぎ、大きな荷物はフロントに預けて中に入ります。注意事項は入り口前で、日本語、英語、中国語などで説明されます。

  • カメラ撮影はいいけれどフラッシュと三脚はダメ
  • 携帯電話使用禁止
  • 文房具の持ち込み禁止
  • 飲食禁止
  • ふすま・障子・金具は触ってはいけない
  • 裸足やストッキングはスリッパをはくこと
  • トイレはない
  • リュックは前に抱かえること

※名古屋城の入場券以外の別途料金はかかりません。

名古屋城本丸御殿の襖絵

名古屋城本丸御殿の虎の襖絵

かかった費用は150億円、壁も天井もふすまも見事に再現された空間は、豪華絢爛というよりも、技の結晶というべき芸術作品

竹林豹虎図(ちくりんひょうこず)が多いのは、戦後期時代の武将にとって勇猛さを表す象徴だったそうです。威圧感がありますよね。

でも、虎の横で寄りそうヒョウ…?(写真↑右側) なんか変な構図です。

「江戸時代の絵師たちは、虎の雌がヒョウと思っていたんではないでしょうか?」とガイドさん。日本に初めて動物園ができたのは明治15年。実際に虎やヒョウを目の前で見ながら描いたものではないということですね。

一休さんの屏風の虎を捕まえるとんち話があるくらいなので、ずっと前から虎は描かれていて、虎はこういうもの、という認識だけだったのかもしれません。

対面所の襖絵は「和歌山」、上段の間は「京都」の名所が描かれています。義直さんの正室が和歌山出身だったので、ゆかりのある地を描いていたんでしょうか。粋な計らい、ですね。

名古屋城本丸御殿の欄間や建具

名古屋城本丸御殿の釘隠しや引き戸の取っ手

欄間(らんま)細工の素晴らしさは、それらを手作業で作り上げた職人さんがいる、ということ。伝統の技法を伝える場にもなったはずです。

引き戸の取っ手や釘隠しにも、丸に三つ葉葵(徳川家の家紋)が入っています。細かい細工は、訪れる大名に将軍との格の違いを見せつけるためだったんでしょうか。

スポンサーリンク

それにしても。建具の1つ1つが「旧来の材料、工法で」作られている、その資料の多さにびっくりです。

300枚以上の実測図、約700枚の写真、詳細が書かれた記録、襖絵、障壁画などが戦時中に別場所に保管されていて、焼失を免れたから、ここまで再現できたんですね。

当時と全く同じものに、耐震補強など現代の最新技術もプラスして、ただのレプリカじゃない、現代の本物が作られています。

本丸御殿の上洛殿は職人技の結晶!

名古屋城本丸御殿の上洛殿

表書院(藩士の謁見の間)、対面所(身内や家臣との私的な対面をする部屋)、湯殿書院(風呂場)など、30を超える部屋がある書院造り。

中でも上洛殿(将軍が上洛の際に泊まる部屋)は特別豪華で、最上級の木材、彫刻の欄間、床の間や違い棚などの座敷飾りなど、どこを見ても職人の技のオンパレード!

襖絵は狩野探幽(かのうたんゆう:江戸幕府の御用絵師)による障壁画、松やボタン、鶴が立体的に彫られた彫刻欄間、二重折り曲げ天井には、1マス1マス違った絵柄の板絵が施されています。

どっちを見ても見どころだらけ、とにかく金ぴかの豪華さに圧倒されます。(フラッシュ禁止なので、写真がちょっと暗いのが残念です。)

名古屋城に行かれた時は、床から天井まで見逃さないで、ここで殿様気分を味わってくださいね。

開園時間:9:00~16:30(8/31までは17:30)
※本丸御殿の入場は16:00まで。
休園日:12/29~1/1 
入場料金:大人 500円(名古屋市内在住65歳以上 100円)
   中学生以下 無料 

名古屋城本丸御殿の音声ガイド

名古屋城本丸御殿の透かし彫り欄間

お城好きの落語家で笑点の司会者・春風亭昇太さんと、名古屋おもてなし武将隊の徳川家康公がわかりやすく面白く本丸御殿を案内してくれる音声ガイドがあります。

全20か所の説明で必要時間は約70分。本丸御殿の中之口部屋で受付しています。1回100円

日本語: 春風亭昇太さん & 名古屋おもてなし武将隊の徳川家康公
英語: 名古屋おもてなし武将隊の徳川家康公
中国語・韓国語:(ナレーション)

本丸御殿は見るだけでびっくりですが、部屋の用途や使い方がわかれば、「へえええ~、なるほど~」と思うことも。

名古屋城観光ガイドボランティアさんが場内を案内してくれるツアーもあります。予約不要で無料なので、お時間があればこちらもおすすめですよ。

平日:10:00~、13:30~
土日・祝日:9:30~、11:00~、13:30~
出発地点:正門、東門、ガイドの案内看板周辺
所要時間:約60分~90分

さいごに

この記事では、名古屋城の完全再現された本丸御殿についてご紹介しました。

本丸御殿は再現されたもの、とはいえ、職人技が集められた「美術館」のようです。実際、職人さんたちは、昔の技術を学んで、1つ1つ手作業で作り上げてきたものです。

お城の周りには金シャチ横丁もあり、定番の「名古屋めし」も楽しめますよ。みそ煮込みうどん、みそカツ、ひつまぶし、あんかけスパなどなど、名古屋名物のグルメ店が集結しています。

名古屋城・本丸御殿の有料エリアの出入り口には透明なスタンプが置かれています。手の甲に押せば、再入場が可能ですよ。

本丸御殿で目の保養を楽しんだ後は、名古屋めしで舌鼓を打って、名古屋を満喫してくださいね!

名古屋城のアクセスや観光情報の関連記事もあります。お役立ち情報満載ですので、ぜひご覧になってみてくださいね。
名古屋城のしゃちほこの歴史と見どころは?天守閣の復元工事はどうなった?
名古屋城へのアクセス電車・バス・車と周辺の駐車場は?
名古屋城の金シャチ横丁でグルメランチ!義直ゾーン宗春ゾーンのおすすめは?

※名古屋城の初代城主、徳川義直公のお墓についての記事もあります。
瀬戸市定光寺に行くなら桜と紅葉の時期がおすすめ!アクセス駐車場は?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました