岐阜川原町を散策 おしゃれな蔵カフェや温泉のある古い町並みを満喫しよう!

岐阜市川原町の古い町並み愛知県近郊

古い町並みって、その時代に生きていたわけじゃないのに懐かしくて、歩いているだけでなんだか心がとっても落ち着くような気がしませんか?

技術がどんどん発達して生活は便利になっていくけれど、歴史的な古い街並みは、残してほしい文化遺産ですよね。岐阜城の城下町の1角にも、そんなレトロ感満載の町並みがあります。

この記事では岐阜市長良川のほとりにある、古い町並みが残る湊(みなと)町・川原町と、アクセスと駐車場をご紹介します。

岐阜城や岐阜城下町に行かれる時は、ぜひ川原町まで足をのばしてみてくださいね。

スポンサーリンク

岐阜川原町を散策

川原町の景観重要建造物

長良川南の交差点から長良橋の西側は、かつて川港として栄えた川原町があります。

斎藤道三の時代から、伊勢湾までつながっている長良川を使って、木材や炭、お茶、美濃和紙や関の刃物などの特産品を船で運び、川原町はそれら商品を扱う問屋が軒を連ねていました。

格子戸が残る商家や町家が続く街並みは、ただ古い、ではなくて、新しいものを取り入れながら現代まで存続している、そんな感じがします。

岐阜市川原町の古い家の玄関

古い家の玄関のうえには、「十二月十二日」と書かれた小さな板がありました。なんとなんと、石川五右衛門が釜茹でになった日なんだとか。

泥棒除けのおまじないで、古い家の玄関に付けられていたんだそうです。面白いですね~!

岐阜市川原町の古い家を改装したパン屋さん

明治10年に建てられた十六銀行初の支店は、「ラスティコ4(号店)」というパン屋さんになっていました。看板も何もないので、お店ってわからないんですが、口コミで大評判なんです。

通りに面した入口からではなく、反対側に出入り口があり、パンやサンドイッチ、キッシュが種類豊富に選べます。モーニングやランチもありますよ。

岐阜市川原町の古い街並みに溶け込んだ十六銀行

その横には十六銀行のATM、格子戸のある家の中にATMがあるなんて、とってもステキですよね。

その横の民家には、屋根神様(屋根に上に祀られた祠)がありました。

美濃六庚申堂

岐阜市川原町にある美濃六庚申堂

入り口の左右に猿が座っている参道を入って行くと、美濃六庚申堂(こうしんどう)があります。

父・斎藤道三を打ち果たした斎藤義龍は、美濃の内政・外交と精力的に動きました。道三よりも優れているんじゃないか?と言われるくらい、策士だったようです。

岐阜城下に伝燈護国寺を建て、当時勢力を伸ばしていた禅宗寺院の統制権を奪おうとしたものの、禅僧の反乱がおき、そのさなかに義龍は急死してしまいます。

廃寺となった伝燈護国寺の跡地に建てられた庚申堂(こうしんどう)、お堂の中には「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿とさるぼぼが置かれていました。

人間の体の中には「三尸(さんし)の虫」が住んでいて、人間(宿り主)の行動を監視し、60日に1回やってくる庚申の日に眠ると、身体から抜け出して、天帝に宿り主の悪行を密告し、寿命を縮めるという言い伝えが奈良時代からありました。

その日は(さんしの虫が身体から出ないように) 寝ないようにしよう、とみんなが集まる場所・庚申堂が全国あちこちにできたそうです。

江戸時代に広く信じられていた庚申信仰は、大正時代以降は廃れていきました。それに伴って、庚申堂は壊されて、今は数えるほどしか残っていません。

岐阜市の川原町にある美濃六庚申堂の水受け

ここの庚申堂に置かれている水受けがハート形で、横には優しいお顔のお地蔵様ファミリーがいますよ。屋根の上にも猿が座っているので、見つけてみてくださいね。

美濃六庚申堂
住所:岐阜県岐阜市元浜町

おしゃれなカフェ・川原町家

岐阜市川原町にあるカフェ・川原町家

川原町の昔ながらの日本家屋は、間口は狭いのに奥行きがとっても長い「ウナギの寝床」。飲食店やお土産物屋さんは古い家屋を改装して作られています。

赤い丸ポストが目印の「川原町家」は、レトロ感満載の和カフェ。コーヒー、紅茶にスイーツ、ランチがいただけると評判です。

入口すぐは雑貨屋さん、美濃和紙のポチ袋や手帳、干支の張り子、美濃焼の食器などが売られています。夏には水うちわも販売されますよ。

スポンサーリンク
岐阜市川原町にあるカフェ・川原町家の土蔵

お店は中庭を挟んで奥に進むと土蔵があり、中に客席があります。狭いんだけど、無機質的な冷たさはなくて、板壁材に囲まれているせいか、あったかみがあって、ゆったりくつろげます。

どれをとってもおしゃれ~な感じ。写真いっぱい撮りたくなっちゃいます。

岐阜市川原町にあるカフェ・川原町家の裏口

そのまま外へ出て、裏へ抜けることができます。抜けた先は長良川の支流です。(写真↑は支流側から見た川原町屋さん。黒い壁に赤い和傘がとっても映えています。)

岐阜市川原町にある黒壁の通り

メイン通りに抜ける裏筋が、黒い羽目板の蔵に囲まれて、何とも言えないいい感じ。夕暮れ時ならノスタルジックな雰囲気を味わえますね。

川原町家
住所:岐阜市玉井町28
電話番号:058-266-5144
営業時間:10:00~18:00 
定休日:木曜日 祝日と鵜飼シーズンは無休

長良川温泉・十八楼

岐阜市川原町にあるホテル・十八楼

十八楼」は江戸時代(1860年創業)からの老舗旅館。玄関わきに「手湯」があり、赤褐色のにごりがあるお湯が入っていて、長良川温泉に手を浸すことができます。

旅館内にある温泉「蔵の湯」は、明治時代の蔵の梁や柱を使って作られていて、大邸宅の部屋の中にお風呂があるみたい、昭和初期のステンドグラスも入っていて、贅沢な気分が味わえます。

立ち寄り湯も可能なので、長良川の風景を眺めながら一休みはおすすめです。ぜひ散策途中に立ち寄ってみてくださいね。※駐車場が宿泊客で満車の場合は使用不可です。

岐阜市川原町にあるホテル・十八楼のロビー

ロビーには松尾芭蕉の「十八楼の記」、芭蕉が大津から岐阜へ入り、長良川を見渡して、その美しさに感動して読んだ句が刻まれています。

十八楼
住所:岐阜市湊町10
電話番号:058-265-1551
日帰り入浴:14:00~20:00 利用時間は1時間
入浴料金:1,000円(タオル付) 
注意)週末やお盆、年末年始、GWその他満室日は利用不可
長良川温泉「十八楼」の旅館情報【たびノート】

川原町のアクセスは?

岐阜市川原町にある観光船待合所

電車・バスでの行き方

名古屋駅からJR東海道本線で「岐阜駅」まで行きます。快速で約20分です。

岐阜駅から岐阜バス「市内ループ線《左回り》」で「長良橋」まで行きます。バス停はJR岐阜駅の北側、11番から乗車します。

「岐阜公園・歴史博物館前」から歩いても5分ほどで到着します。

車で行く場合・駐車場は?

川原町の飲食店やお土産物屋さん専用の駐車場はそれぞれありますが、数台分のスペースなので、そこに駐車したまま散策、というのは難しそうです。

川原町散策用の駐車場はないので、一番近いのは岐阜公園堤外駐車場になります。

岐阜公園堤外駐車場(第1と第2とも車高2.2mまで)は有料、鏡岩緑地の駐車場は無料です。一方通行などが多くてわかりにくいので、地図を確認してからお出かけくださいね。

堤外駐車場へ行くには、長良橋交差点から側道に入り、国道256号線の下をくぐって、日中友好公園の入り口前を右折するルートがわかりやすいです。(地図A→Bの道です。)

さいごに

岐阜市長良川のほとりにある、古い町並みが残る川原町と、アクセスについてお伝えしました。

川原町は他にもモダンなお店がたくさんあって、鮎や飛騨牛、長良川ういろのお店も評判になっています。ランチタイムになると、いい匂いがしてきて、何を食べようか悩んじゃいますよ。

一度は鵜飼も経験してみたいし、今度ゆっくり宿泊してみたいなって思いました! 

川原町の古い街並みのメイン通りは、自動車も通行しますので、気を付けて歩いてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました