関ヶ原の戦いの場所の現在は?決戦地や陣跡と関ヶ原ウォーランドで戦国体感!

岐阜県関ケ原の石田三成陣営地愛知県近郊

天下分け目の戦いとなった関ヶ原の戦いは、映画やドラマによく取り上げられる大戦(おおいくさ)。豊臣秀吉に忠誠心が強い石田三成と、天下統一の覇権を狙う徳川家康との争いです。

1600年9月15日、日本の名だたる武将が、徳川家康率いる東軍、石田三成率いる西軍に分かれて命をかけて戦った合戦は、たったの6時間ほどで勝負がつきました。

現在、関ヶ原に残る古戦場跡は、死闘を繰り広げたなんて思えない、静かな日常の中にひっそりと残されています。

この記事では、関ヶ原の戦いの舞台となった決戦地や陣跡の現在と、シュールなB級スポット・関ヶ原ウォーランドをご紹介します。

関ケ原の戦いの合戦地を巡って、武将の思いを体感してみませんか?

関ケ原の戦いの場所の現在は?

笹尾山・石田三成陣跡

岐阜県関ヶ原市の合戦地・石田三成の陣営地

西軍の大将・石田三成の陣跡は、笹尾山(山というよりは小高い丘という感じ)にあります。

決戦前夜に大垣城を出た石田三成は、関が原を一望できる笹尾山に本陣を構えました。ふもとには「三成に過ぎたるもの」と言われた家臣・島左近の陣跡もあります。

竹矢来(たけやらい:竹を交差させて作った囲い)や馬防柵が復元されていて、5分ほど登った頂上にある展望台からは、石田三成が見た景色が広がっています。

豊臣家を死守するための戦いを挑んだ石田三成。けれども秀吉亡きあとの戦いに、豊臣秀頼は大阪城から外に出ず、徳川軍は大阪城を目指して進軍してきます。

誠実で忠義心の強い三成は、秀吉の遺言を守り、天下統一を目指す徳川家康を何としても止めたくて、ここで両者の意地がぶつかる決戦が繰り広げられました。

合戦当初は西軍が圧倒的優勢の陣形。開戦当初は西軍有利で進んでいたのに、小早川隊の裏切りによって状況が一変、西軍はどんどん追い詰められていきました。

※ふもとに「笹尾山駐車場」があります。決戦地は石田三成陣営地からすぐ近くにあります。

天下分け目の戦いの決戦地

岐阜県関ヶ原市の合戦・決戦地

石田三成の本陣笹尾山を背にした決戦地。小早川秀秋の寝返りによって総崩れになった西軍は、ここで攻め込んでくる東軍を迎え撃ちました。

ただっ広い平原の中、前方と左右から追い込まれるのは、ものすごい恐怖感があったのでは?と思います。参戦した武将たちは40代が多く、中には武将の10代の息子たちや、70代の親もいたそうです。

今はのどかに田んぼが広がるこの場所で、激戦が繰り広げられましたが、東軍の猛攻に石田軍が挽回の余地なく壊滅、勝敗が決まったのでした。

徳川家康最後の陣跡

岐阜県関ヶ原市の合戦地・徳川家康の陣営地

桃配山に陣を構えた東軍の大将・徳川家康は、戦況が把握できず苦戦にいら立って、石田三成本陣の正面に陣を進めて、全軍の指揮をとりました。(三成の本陣と直線距離で500mほどの場所です。)

この場所は合戦後「床几場(しょうぎば)」となり、家康自らが打ち取った武将の首実検が行われ、味方武将の論功行賞(手柄に応じて褒美を与える)を決める場になりました。

首を並べて、手柄の確認をしたあとは、女性たちが首を洗い化粧を施してから、埋葬していたそうです。武将たちは自刃しても首をとられないようにしてたのは、誰かの功績になるのが嫌だったんですね・・・。

思い返せば、本能寺の変で織田信長の首は見つかっていません。自害するにしても、死後に首が敵陣に渡るのだけは避けたかったのは、まだ生きてると思わせたいという思いもあったのかもしれません。(島左近の首も見つかっておらず、生き延びたという説もあります。)

家康最後の陣跡は陣場野公園になっていて、その端には「御霊神社」があります。

「関ケ原の合戦で幾千、幾万の将兵がこの地に屍をさらし、この中には子孫も絶え慰霊すら行われていない将兵が数多くいると思われます。その諸霊を祀るため、合戦380年を機として神社を建立する運びとなりました。」

たくさんの命が失われた場所。そして、戦いの裏には命の数分の悲しみがあったはずです。そして、この戦いによって田畑をめちゃめちゃにされ、そこからまた生きていくために田畑を耕した人たちもいたはずです。

想像を超える風景が広がっていたんでしょうね・・・。たくさんの悲しみが残る場所です。

東首塚・西首塚

岐阜県関ヶ原市の合戦の東首塚

関ケ原の戦いは東軍7万人、西軍8万人のぶつかり合いでした。西軍の戦死者は(定かではありません)3万人、東軍8千人と言われています。

徳川家康の命令を受けたこの地の領主竹中重門(豊臣秀吉の軍師竹中半兵衛の息子。西軍から寝返ったうちの1人)が、戦死した兵士を東西2つに分けて埋葬しました。

東首塚と書かれた朱色の門をくぐると、大きなスダジイ(どんぐりが鳴る常緑樹)の古木が立っています。(唐門と供養堂は昭和(1942年)になってから、旧山王権現社から移築されたものです。)

しんと静まり返った木々の中で、たくさんの兵が弔われています。

スポンサーリンク
岐阜県関ヶ原市の合戦の西首塚

西首塚は幹線道路からほど近い場所にあり、こちらも大きな木が立っています。東海道本線の敷設工事の際にたくさんの白骨と刀が出土したそうで、かなり広い範囲で埋葬されていた(東首塚は6000坪、西首塚は7000坪だとか)そうです。

1793年に観音堂が建立され、先手観音と馬頭観音が安置されています。

合戦のあとに、敵味方関係なく弔うのは戦国時代の習慣で、敵であっても仁義を尽くして丁重に葬るという教えが、将来の太平の世を築く基盤になっていったんですね。

関ケ原古戦場記念館がオープン予定!

岐阜県関ヶ原市の合戦を表す屏風
関ケ原古戦場記念館
2020年7月18日(土)にオープン予定です。
住所:岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原894-29

関ケ原歴史民俗資料館では関ケ原の合戦を、時系列でとても分かりやすく解説、合戦の模様が描かれた関ケ原合戦図屏風や武具(甲冑、火縄銃、ほら貝など)が展示されていました。

現在は改修のため閉館中、関ケ原古戦場記念館に合わせて、旧資料館も歴史民俗学習館としてリニューアルオープン予定です。

※関ケ原古戦場記念館には別館にカフェやショップ、レンタサイクル のお店もできます。駐車場に車を止めて、レンタサイクルで陣跡を巡るのがおすすめです。

関ヶ原の合戦に参加した武将たちの家紋スタンプ

JR関ケ原駅前にある観光交流館では、関ケ原合戦の東西武将の家紋はんこ帖が100円で販売されていて、22人の武将の家紋ハンコを押すことができます。

各武将の働きや陣跡の写真とともに、ハンコを探して押していくのも楽しいですよ。

関ケ原観光交流館
住所:岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原598-4
駐車場(8台):無料 レンタサイクルもあります。

関ヶ原ウォーランドで戦国体感!

関ヶ原ウォーランドの合戦の様子を語るコンクリート像

関ヶ原ウォーランドは、関ヶ原の合戦を再現した合戦テーマパークという名の珍スポット(体感型私設資料館)。等身大のコンクリート像が248体、東軍西軍の陣地を史実に基づいて再現されています

コンクリート像の作者は、岐阜生まれの造形作家、故浅野祥雲さん。愛知県犬山市の桃太郎神社(こちらの記事で紹介しています)にも展示されています。

関ヶ原ウォーランドの武田信玄と宮本武蔵のコンクリート像

各像には名前が付いていて、誰とわかるんですが、関ケ原合戦に絶対参加していない武田信玄(の亡霊)が混じっています。

宮本武蔵もいたので、「絶対いなかったでしょ~」と思っていたら、武蔵の父は東軍の黒田家に仕官していたとのこと。有名な巌流島の戦いが1602年武蔵19歳の時、となれば・・・2年前の関ケ原の戦いにもしかしたら参戦していたのかもしれません。(大坂の陣では徳川側で参戦しています。)

たくさんの武将や足軽、鉄砲隊がリアルなんだけど、ちょっとユーモラス。でも、夜には絶対に入りたくないですよね・・・。

関ヶ原ウォーランドの合戦で戦うコンクリート像

20年ほど前にもここに来たんですが・・・コンクリート像は何度か色塗りされているようで、何月何日に誰が塗装した、の札が像にかかっていました。それは客に見せなくてもいいんじゃないのかな~(笑)。

ウォーランドが開園したのは1964年(昭和39年)なんだとか。もう50年以上も、コンクリート像はここで戦いを続けているんですね。

全体的に古ぼけた感がありましたが、20年前に「くすっ」と笑えたツボは相変わらずでした。真面目だけど、コミカルで、1時間もあれば見てまわれちゃいます。

関ヶ原ウォーランドのコンクリート像、鉄砲隊

所狭しと合戦を繰り広げているウォーランド。かつての合戦場にいるかのような雰囲気を味わうことができますよ! こちらも是非訪れてみてくださいね。

関ケ原ウォーランド
住所:岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原1701-6
営業時間:(年中無休)
4月~11月 10:00~16:00
12月~3月 10:00~15:00(土日祝日は16:00)
入場料 大人500円 小人300円(小学生未満は無料)
駐車場:無料

さいごに

関ヶ原の戦いの舞台となった決戦地や陣跡の現在と、B級スポット・関ヶ原ウォーランドをご紹介しました。

JR関ケ原駅前の観光交流館で史跡めぐりの地図を入手してから、古戦場跡めぐりをおすすめします。駐車場の場所も明記されていますよ。

関ケ原の合戦に参戦した各武将の陣跡は、場所を示す石碑がひっそりと建っているだけの場所が多いです。行きたい場所を決めてから、まわってみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました